« 2021ピースアクションinナガサキ 被爆の証言1(仮タイトル) | トップページ | 2021ピースアクションinナガサキ ナガサキ 虹のひろば »

2021年7月28日 (水)

2021ピースアクションinナガサキ 被爆体験記の朗読会

Pa20210728_07

8月8日(日) 10:30~11:40 LIVE配信
被爆体験の継承を目的とした朗読ボランティア「永遠の会」による被爆体験記の朗読を聴きます。基礎知識や背景等もご説明いただきながら、被爆の実相と平和を願う想いを伝えます。

※視聴された方は是非、コメント欄に感想をご記入ください!!

« 2021ピースアクションinナガサキ 被爆の証言1(仮タイトル) | トップページ | 2021ピースアクションinナガサキ ナガサキ 虹のひろば »

21 2021ピースアクション」カテゴリの記事

コメント

お話とても聞きやすかったです。最後に、まだ世界にも、日本の中にもこの想いが伝わっていないと聞いて、被ばく体験を語ってくださった想いをこれからも伝え続けて行かなければと思いました。
小崎さんが、3人を助けられなかったことを悔やまれていますが、あの時、心の中にお母様を見つけ出したい気持ちがあったからではないでしょうか?今の私がもし同じ立場で、家族と離れ離れになっていたら、目の前の他人を助けることより家族を探し出すことを優先する気がします。自分の家族は自分にしか探し出せないと思うからです。
全国に来ていただけるとのこと。ぜひ、ヒロシマ、ナガサキ以外で育っている人たち、大人にも子供にもお話していただきたいです。

永遠の会のお二人の朗読
とても心に残りました。被爆体験された方は今でも辛いお気持ちで過ごされている事を知り、平和な日常に感謝して生きていこうと思いました。この先の未来も平和である事を願うばかりです。

朗読劇の中、原爆が投下されたときの時系列の動きがあり、鳥肌が立ちました。
17カ所も候補地があり、その中で広島が選ばれた理由・・・
投下したらどうなるか、先のことを考える人は誰もいなかったのか・・・
戦争の恐ろしさを感じました。

最初に長崎に投下された原子爆弾の威力や被害などの説明を受け、また原爆が落とされた前と後の写真をみて、胸が締め付けられました。今まであった建物が全てなくなっていて、原爆の威力の恐ろしさがわかりました。熱線や爆風、放射線での症状を説明していただき、どのくらいの威力だったかを知ることもできました。
その投下で被爆した方たちの書いた書籍の中から永遠の会の方が朗読してくださりました。
心に残ったのは、小崎さんの今でも3つ悔やまれているとのお話でした。川で助けを求めてきた少年を助けられなかったこと、工場の女学生を助けたが最後には逃げてしまったこと、自分のことを叩いたりしていた工場の先輩か怪我をしていて、心の中であざわらってしまったこと。ずっと死ぬまで心の痛みとして残っている、と聞いた時に、長崎で被爆した方は、みんないろんな思いを持ってずっと生き続けてきたのだろうと思い、心が痛くなりました。人の痛みがわかる心を持つこと、困難にあっても助けること、ゆるすことができたら、それが平和につながるとのことを最後まで語っていたとのことでした。
いろんな方の被爆体験記の朗読に胸が毎回締め付けられました。この気持ちをやはり感じ、忘れずに伝えていかなければいけない!と強く思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021ピースアクションinナガサキ 被爆の証言1(仮タイトル) | トップページ | 2021ピースアクションinナガサキ ナガサキ 虹のひろば »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索