« 2021ピースアクションinヒロシマ 石原さんに聴く被爆の証言 | トップページ | 2021ピースアクションinヒロシマ オンライン碑めぐり2021 »

2021年7月28日 (水)

2021ピースアクションinヒロシマ 被爆詩の朗読会

Pa20210728_03

8月4日(水) 公開動画
被爆体験朗読ボランティア「演劇集団ふらっと」による原爆詩朗読を聴き、核兵器の非人道性と平和について考えるきっかけをつくります。

※視聴された方は是非、コメント欄に感想をご記入ください!!

« 2021ピースアクションinヒロシマ 石原さんに聴く被爆の証言 | トップページ | 2021ピースアクションinヒロシマ オンライン碑めぐり2021 »

21 2021ピースアクション」カテゴリの記事

コメント

『戦争はいつも大人が始めますが
一番つらい思いをするのは いつも子どもたちなのです』
今もこの瞬間に、世界のどこかで紛争が起こっているかもしれません。子どもたちの泣き叫ぶ声が耳の奥に聞こえてくるようで辛くなります。
平和の祭典:オリパラリンピックが終わって、争いの再開がなくなることはあるのでしょうか。。どの国に生まれても「この国に生まれてよかった」と、どの子も言えるような世界になればいいのに…

平和記念公園で劇団フラットさん4人の静かな語らいを聞く事ができました。子供さんの詩の朗読であったため、将来のある子供達がこんなにつらい思いをしたのだなとぐっと心に響きました。いつか広島を訪れて、今日のこの朗読を思い起こしたいと思います。

とても活気のある広島の中心地がたった一回の原爆投下で…
子や孫の代まで苦しい思いをするなんて。男の子たちの朗読を聞いて、これからも語り継ぎ二度と同じ思いをする人たちを出してはいけないと強く思いました。

劇団の方々が広島の原爆について分かりやすく表現されていました。被爆する前の原爆ドーム、その近くにはお店が並んでいて、多くの人々が行き交う何気ない日常。行き交う人々のリラックスした表情を見たことで、その後に起こる悲惨な光景を想像すると、とても恐くなりました。平凡でも平和に暮らせることに感謝を忘れてはならないと思いました。

原爆が投下されるより前の活気ある広島市の映像を見た後に、現在の平和記念公園の蝉の声が聞こえる夏の様子が重なり、
時の経過と、忘れてはいけないこと、平和の大切さを静かに実感しました。

詩の朗読だけかと思っていたら、
当時の広島の様子や投下された時とその後の広島の方々の苦しみ悲しみが解り易く、とても伝わってくる構成と編集で、劇団の4人の方の静かで重みのある表現も良かったと思います。白で統一された衣装も大切だと思いました。平和記念公園にて静かに祈りを捧げたいと思いました。今は行けない状況ですので、こちらから祈り捧げさせて頂きます🙏

フラットさんの朗読はとても聞きやすくて分かりやすかったです。朗読だけではなく、昔の映像が流れたり、慰霊碑や平和公園などいろいろなスポットで朗読されていたので、場面が変わる度に、広島を訪れながら朗読を聞いている様でした。戦争のない平和な世界になるように祈るばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021ピースアクションinヒロシマ 石原さんに聴く被爆の証言 | トップページ | 2021ピースアクションinヒロシマ オンライン碑めぐり2021 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索