« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

コープのうち活「手づくり手芸頒布会」で、くらしに彩りを! 自分時間を楽しんでみませんか♪〜北西ブロック委員会

宅配で届く様々なカタログの中に、「手づくり手芸頒布会」があるのをご存知ですか? モチーフ編みや刺繍、タイル細工、ビーズなど見ているだけでもワクワクするような流行りの手芸キットが掲載されています。

Nwb220228_01

最近、子どもに手が掛からなくなってきて、自分時間が増えてきました。そこで、何か始めてみようかな? と思い立ち、前から気になっていた「パンチニードル」にLet's try!
申し込むこと数週間後、キットが届きました。材料、器具、説明書と一式が入っていて、自分で何も準備をすることなく始められます。

Nwb220228_02

専用布に下地を移して、刺繍枠にセットしたらスタートです♪ 毛糸を通した専用針を布にひたすら無心でプスプス。プスプス。目の荒い専用布なので、簡単にプスプス。プスプス。

Nwb220228_03

あっという間に、可愛い、もこもこな作品ができました♪ 凄い集中力で頑張ったので気がついたら肩がバリバリ。けど、何とも言えない爽快感。これぞ手仕事の醍醐味ですよね。あとは、ポーチに仕立てて出来上がりです♪ 次が届くのが楽しみです。

Nwb220228_04

いろいろなコレクションがありますので、おウチでチクチク。プスプス。くらしに彩りを! 自分時間を楽しんでみませんか?

備える方が増えています!「エンディングノートの書き方」学習会~南西ブロック委員会

2022年2月15日(火) 10時~11時30分 Zoomにて
参加人数:18名(組合員16名 ブロック委員2名)

皆さんは「しゅうかつ」と聞いて何を思いつきますか? おそらくほとんどの方が「就活:就職活動」を思いつくでしょう。ですが今回は、昨今メディアでも取り上げられる事が多くなってきた「終活」について、(株)コープサービスコプセ案内センターの海老原様を講師に迎え、終活の一つ「エンディングノート」の書き方について詳しく学びました。

実際にエンディングノートを手元に、1ページ目からゆっくり穏やかな口調で説明が始まります。

Swb220228_01

「はじめに:エンディングノートはあなたに関する様々な情報をわかりやすくまとめておく為のノートです」から始まり、「もしも」に備えて「あなた」自身を「知り・伝えること」に着目し、いつでも自由に書き直したり書き加えたりすることができ、このノートを使って「大切な人」に「あなた(自分)」の事を伝えることが出来るのです。
財産のこと・日々使っているの口座のこと・医療や保険のこと等……イザという時に自分や家族が慌てることの無いように、様々な情報を書き込む事が出来るようになっています。
また、昨今のお葬式やお墓についてなども一緒に学ぶことができました。

アンケートで「終活をしていますか?」の問いに「はい」と答えた方はたった10%。ほとんどの方が「終活」には消極的でした。その理由は……まだ若いから・元気だから・自分には必要ないと思っているから・どこか他人事だと思っていたから・何から手を付けたらいいかわからないから……というものでした。
確かに「死」を連想させる終活は、今までならデリケートなものでダブー視されていたかもしれません。しかし「死は誰でも通る道」その時に自分が後悔しない様に、また、大切な人が後悔したりしないようにするための「前向きな準備」であるということが分かった学習会だったと思います。

Swb220228_02

今回を機に、「自分の為に! 大切な誰かの為に!」家族も一緒になって「終活」の一歩として、エンディングノートを活用していって欲しいと思います。

《その他感想》
・エンディングノートと言うと、終活をイメージしてまだまだ先の話だと思っていましたが、エンディングノートの中身を細かく説明していただいて、今の自分の保険や口座等の見直しにもなるなと思いました。
・ゆったりとした穏やかな口調で分かりやすく丁寧な説明で良かった。デリケートな問題もあるが、自分というより残された家族のためにエンディングノートは活用したいと思った。誰もが迎える「死」を自分ごととして受け止め、意識がない状態になったり、亡くなってから「助かった。ありがとう。」と言ってもらえるように、家族に迷惑をかけずに最後を迎えたいと思った。いろいろと考えさせられる学習会で、参加して良かった。
・年齢関係なく、今からでも書ける所があったし、今から考えなくてはと思う所もたくさんあって、勉強になりました。

Swb220228_03

2022年2月24日 (木)

コープのうち活「まだまだ買えるよ冷凍食品!」保冷剤100%活用術〜南部ブロック委員会

Sb220224_01

コープの冷凍食品は市販の冷凍食品と一味違い、とても便利なものがたくさん揃っています。そこで私はついつい買いすぎてしまうのですが、冷凍庫を整理すると意外にもたくさんの保冷剤が邪魔をしていることに気がつきました。今回はその保冷剤についてお話ししたいと思います。

Sb220224_02

保冷剤はどうやって捨てたらいいんだろう? また使うかな? と思いつつ、ついつい取っておいてしまいがちですが、実は袋を開けて中身を出し、塩をかけると水に戻り、流して捨てることができます。

でもその前に……便利な使い方がたくさんあります。
1つめは消臭剤として使えるんです!!! わが家では、袋から開けて靴箱の隅やトイレの隅、冷蔵庫の隅にも置いてあります。
最初は家族皆が「臭いが気になる」と言っていた靴箱でしたが、置いておくとだんだん臭いがなくなっていくので、わが家では3ヶ月に1度くらい入れ替えて使っています。

Sb220224_03

置いておくとコチコチになって見つかります。ありがと〜。

2つ目は、湯煎し温かくして、カイロのようにして使えます! ちょうどいい温かさになるので、保冷剤を温めてハンカチに包んで目の上に置くと、とても気持ちが良くて癒やされます。

3つ目、これは本来の使い方なのですが、すぐに冷やしたいものがある時、氷を大量に使わなくても、水の中に凍らせた保冷剤を入れると手軽に冷やすことができます。
わが家ではプリンを焼いた時やゼリーを冷やしたい時に、大量の氷を消費していましたが保冷剤を使うようになってとても便利に、効率よく冷やすことができるようになりました。

保冷剤は冷凍庫の中で、いつも邪魔な存在ですが、知っているととても便利な存在なので皆さんも是非試してみてください。冷凍庫がスッキリしますよ。
※中身が液状のものなど、対象外のものもあります。

2022年2月22日 (火)

第5回おうちdeほぺたんひろばアンケート結果発表〜東部ブロック委員会

今回の試食品
CO・OPクオリティ白みそ仕立てのクリーミードレッシング
CO・OP十勝産小豆のぜんざい
CO・OP北海道の大豆100%使用きな粉

Eb220222_01

Eb220222_02

試食した組合員さんの声を、今後の商品購入の参考にしていただけたら幸いです。

ご意見・ご感想
クリーミードレッシング
・サラダを毎食ドレッシングをかけて家族で食べて、同じ味で飽きてきたので食べた事のない味で、みそは体に良いし美味しかったです。
・とても味が良いので、また購入したいです。味が濃いので一回の使用量は、わが家ではごく少量にしています。
・ドレッシングは、欲を言えばもう少し酢のすっぱさとニンニクの香りを強くすると好みかも⁈(パンチがほしい)

ぜんざい
・余計な添加物が入っていないので不安なく家族に食べさせられます。常温保存できるのでストック食材として活用したいです。
・ぜんざいは、お餅を焼いておしるこにしました。甘過ぎないので食べやすい。一人分にちょうどいい量でした。
・ぜんざいは、もともと好きでよく食べています。

きな粉
・きな粉は、毎朝ヨーグルトにかけて食べていて、北海道産で値段がお得なので生協で、次買います。
・きな粉は、きな粉ミルクにしました。一回分のスティックタイプなら使いやすいのになぁ。

・1年間ありがとうございました。送っていただいた商品のほとんどは、今まで利用していませんでしたのでお試しできてよかったです。
・1年間ありがとうございました。楽しかったです。またやりたい!!
・使った事のない商品も多く、楽しかったです。お世話様でした。

5月から5回にわたり続けてきました「おうちdeほぺたんひろば」は、今回の発送をもって今年度終了となります。ご参加・アンケートのご協力、ありがとうございました! 次年度の企画については、今後のブロックニュース等でお知らせさせていただきます。

2022年2月21日 (月)

いばらきコープ50周年企画♡ ありがとうのメッセージ募集~中部ブロック委員会

2月1日~2月14日まで、コープ水戸店のイートインコーナーにハートのメッセージカードを置きました。メッセージの内容は、普段言えない方へのありがとうやコープへのメッセージ、SDGsの取り組みでもある、平和や環境への願いなどを書いていただきました。ご参加された皆さまありがとうございました。ご記入いただいたメッセージは、コープ水戸店イートインコーナーに展示しました。

Cb220221_01

ご応募いただいた方の中から抽選で20名の方に、間伐材で作られたチャームをプレゼントいたしました。チャームは、もりとわ様に製作を依頼しました。「子どもたちに手渡す森が、健やかで持続可能であるように」との願いを込めて活動している団体です。一つずつ愛情を込めて手作りしていただきました。

Cb220221_02

今年度、中部ブロックでは、いばらきコープ50周年のお祝いとしてさまざまな企画をしてきました。コロナ禍の中で、オンラインやメッセージを通して交流することができました。多くの皆さまと一緒にお祝いすることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともいばらきコープ、並びに中部ブロック委員会をどうぞよろしくお願いいたします。

コープデリのエコ活〜プラスチックの問題について考える〜オンライン学習会を開催しました~東部ブロック委員会

2022年2月14日(月)
参加者:13名(ブロック委員含む)

コープデリ生活協同組合員連合会 西さんを講師に迎え「コープデリのエコ活〜プラスチックの問題について考える〜」オンライン学習会を開催しました。

Eb220221_01

私たちの生活にはなくてはならないプラスチック……便利がゆえに使い捨てされ、プラスチックのゴミがとても問題になっています。世界的に見るとあまりリサイクルが進んでないことが分かりました。日本はリサイクルが進んでいるような感じがしますが、世界では認められていない「サーマルリサイクル」(プラスチックごみを燃やして、その熱を利用する)が大半を占めているということでした。ごみをまったく出さないということは難しいですが、減らすことは一人ひとりの心がけでできると思います。続けていくことが大切だと思いました。

コープでは、4R+Rを広めています。
Reduce(減らす)……包装容器の軽量化
Reuse(繰り返し使う)……詰め替え商品
Recycle(再資源化)……容器包装プラスチックの回収およびリサイクルの推進
Refuse(断る)……レジ袋使用量の削減
Renewable(再生可能資源の活用)……植物由来プラスチックの活用
コープ商品にはエコマーク認定商品が増えてきました。パッケージのエコマークを探してみてください(^^)

Eb220221_02

参加者の方からは、あらためてプラスチック問題を考える機会になりました。子ども向けの学習会をぜひ開催してほしいとの感想をいただきました。

Eb220221_03

2022年2月18日 (金)

やさしいヨガレッスン~中部ブロック委員会

2022年2月2日(水) 10時~11時30分 オンライン(Zoom)
参加人数:12名

コロナ禍で学習会は、オンラインとなり実開催が難しい状況が続いております。そこで、人気企画のヨガ学習会を外部講師の鈴木様に依頼して、初めてオンラインで開催しました。
初心者でも無理なく楽しめるレッスンで、ヨガのポーズをアレンジしたストレッチなども行い、ヨガについてもお話いただきました。呼吸・姿勢・瞑想を組み合わせて心身の緊張をほぐし、心も穏やかになり、リラックスできるヨガ教室となりました。

Cb220218_01

参加者感想
*心地よい疲労感に包まれ、これから少しずつ日常生活に取り入れていきたい。
*生活全てがヨガに通じているとおっしゃっていたのが印象的だった。
*身体と心は繋がっていると改めて感じ、健康寿命を伸ばしていく努力を始めようと思った。
*体がスッキリし、細かく分かりやすく指導してくださったので楽しくできた。
*ヨガは身体だけではなく、心にも良い事を先生のお話で学んだ。
*レッスン後、肩や頭が軽くなった。楽しく参加できたのでまた参加したい。
*身体だけではなく、心もリラックスできるオンラインヨガだった。

参加者に聞いてみました〜!?
1.ヨガ初体験の方……→0%
2.オンラインヨガ初体験の方……→80%
3.今回のレッスンでオンラインヨガに興味を持った方は……→100%

Cb220218_02

ご参加、ご協力をいただきました皆様、ありがとうございました。(( ◡‿◡))。*゚♡

「おうちdeほぺたんひろば1月」アンケート報告〜北西ブロック委員会

1月で5回目になる「おうちdeほぺたんひろば」は、今年度最後となりました。ご参加の皆様、1年間アンケートにご協力ありがとうございました。

今回の試食品は
◉co・op白だし(500ml)
◉co・op応援食ココアクッキー+鉄分&たんぱく質
です。

商品紹介、アレルギー情報、応援食クッキーで障害者ノルディックスキー応援キャンペーンについてなどと一緒に送らせていただきました。

Nwb220218_01

Nwb220218_02

アンケートの結果(50名参加)
◎今回お届けした商品を購入しますか?
〈白だし〉
1.購入する 35名
2.購入しない 2名
3.どちらともいえない 13名

〈応援食ココアクッキー〉
1.購入する 29名
2.購入しない 9名
3.どちらともいえない 12名

◎商品のご意見、ご感想
〈白だし〉
・風味があって上品な味わい。
・今までの白だしの中で、一番おいしく感じた。
・1本常備しておくと色々な料理に使えそう。
・原材料に安心感がある。(かつお、むろあじ、さばなど)
・普段馴染みがないので、どう使用するか迷った。(レシピがあると良い。)
・液体なので1人分から手軽に使いやすい。

利用方法
・寄せ鍋・みぞれ鍋・おでん
・関西風うどん・お雑煮・すまし汁
・だし巻きたまご・茶碗蒸し
・浅漬けの大根に少量加えるとまろやかに
・スープ(肉団子、カット野菜、ターメリックをプラス)
・チャンプルーの味付け(これ1本できまる)

〈応援食ココアクッキー〉
・糖分控えめで美味しい!
・大豆パフ入りは初めて、サクサクでココア感が良い。
・個包装で量も丁度良く、手軽に食べられ、かつ必要な鉄分&たんぱく質が摂れて一石二鳥。
・賞味期限が長いので良い。
・もう少ししっとり感があると食べやすい。
・1袋につき1円の応援がおいしく食べながらできるステキな商品。このような商品が増えるといいですね。

◎1年間参加しての感想
・普段購入していなかった商品を知ることができ、商品を選ぶ上で選択肢がひろがった。
・次は何が届くのだろうと、毎回楽しみにしていた。
・ひとつの商品がとても奥が深いという事とコープ商品は、どれも安全のような気がします。勉強になりました。
・おうちでなければ参加できなかったので、今回の企画を本当にありがたく思っています。
・来年以降もぜひ継続してもらえるとうれしいです。

◎今後、開催してほしい学習会(複数回答)で、人気があった学習会をご紹介します。
・SDGs 22票
・エコ活 16票
・お米育ち豚 14票

商品学習会
・調味料 24票
・パン 22票
・飲料 14票

※多くの方が「おうちdeほぺたんひろば」に楽しく参加していただけたようで、うれしく思っています。皆様にご協力いただいたアンケートは、これからの活動に取り入れていきたいと思います。

来年度も「おうちdeほぺたんひろば」が開催されることになりました。詳細は、北西ブロックニュース「ほくとうせい4月号」に掲載しますので、多くの方からのご応募をお待ちしております。お楽しみに♪

2022年2月16日 (水)

いばらきコープ50周年プレゼント企画 南部・南西ブロック委員会コラボ企画第2弾!!「オリジナルエコバッグプレゼント」~南部ブロック委員会

いばらきコープの50周年企画を各ブロックで趣向を凝らし行っておりますが、前回の南西ブロックとのコラボ企画「お楽しみ小箱」が大盛況となりましたので、「また何か一緒に企画をやりたいね!」とブロック委員の間で盛り上がり、ほぺたんのかわいい「50年おめでとう」のイラストを生かしたエコバッグを作りました。

Sb220216_01

環境に配慮し、国際フェアトレードコットンを使用した船底タイプのエコバッグ、大きく真ん中にほぺたんのイラストを入れることで、優しいデザインになりました。布製なので丈夫ですよ!
応募方法は、それぞれのブロックにお任せしました。南部ブロックでは、1月号のブロックニュース『げんき通信』でお知らせ。
応募条件に……
1.オリジナルエコレシピ
2.エコ川柳
3.我が家のエコアイデア
の3つの中から1つ選んでハガキで応募してもらう方法で募集しました。

皆さんの工夫されているアイデアの中から、少しご紹介いたします!
☆エコアイデア
・風呂水をミニポンプで汲んで洗濯(1回目)や庭の鉢植え、玄関の踊り場洗いなどで使い切る。
・雨水を貯めて、メダカの飼育水に使う。

☆エコレシピ
もやしナムル作り「ペンネーム:ぴろりん」
1.もやし1袋を熱湯で30秒ほど茹でて、ザルにあげる。
2.熱いうちにボウルに入れチューブのニンニク大さじ2、めんつゆ大さじ1くらいを回し入れてかき混ぜる。
3.お皿に盛って韓国海苔を散らして出来上がり。

☆エコレシピ
おいしい白菜サラダ「ペンネーム:セン」
1.白菜(3枚くらい)をざく切りに、葉・茎に分け、塩を振りしんなりさせる(塩味を強くしない)サッと水洗いして水気を絞る。
2.ベーコン(1パック)を細切りにして炒める。
3.ニンニク(1片)をすりおろす。
4.白菜、ベーコン、ニンニクを合わせて、あらびき胡椒(少々)、※お酢、砂糖、白だしを混ぜる(隠し味程度に入れる) 5.マヨネーズ(お好みで)混ぜて出来上がり
※りんご、コーンなども入れてもおいしいです。

応募してくださった皆様、ありがとうございました。お手元に送りましたエコバッグをお買い物のお供にご活用ください。

Sb220216_02

これからも南部ブロック委員会では、いろんな企画を提案しながら、組合員の皆様と繋がっていきたいと思っております。皆様のご参加をお待ちしております。

「みんなで応援! 4つのプロジェクト」オンライン学習会~北西ブロック委員会

2022年1月24日(月) 10時~11時30分 各自宅からZoomにて
参加者:20名(組合員11名 ブロック委員8名 職員1名)

コープデリ生活協同組合連合会CSR推進部 西 綾花様を講師にお迎えして、「みんなで応援! 4つのプロジェクト」のオンライン学習会を開催しました。
北西ブロックは、今年度コープのSDGsについての取り組みを広めるため、北西ブロックニュース「ほくとうせい」にSDGsの記事を掲載してきました。
学習会は、第1弾が先月の「食品ロスを科学する」、第2弾がこの「4つのプロジェクト」学習会です。

事前に、「佐渡トキ応援お米プロジェクト」の商品の一つで「CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリで作ったごはん」とごはんのお供と「CO・OPさばの味噌煮パウチ」を送らせていただきました。

まず、4つのプロジェクトとは何かから教えていただきました。
「美ら島応援もずくプロジェクト」「佐渡トキ応援お米プロジェクト」「お米育ち豚プロジェクト」「ハッピーミルクプロジェクト」の4つです。

Nwb220216_01

「美ら島応援もずくプロジェクト」は、伊平屋島産もずく商品1点につき1円を「美ら島応援基金」に寄付されます。主な使い道としては、漂着ごみの運搬・処理、や砂地の浄化など自然環境保護活動に活用されるそうです。

「佐渡トキ応援お米プロジェクト」は、新潟佐渡コシヒカリ商品の利用に応じて売り上げの一部が「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付されます。主な使い道は、「環境にやさしい佐渡米づくり」や「生きものをはぐくむための環境づくり」に活用されます。トキが増えるための環境をつくるための準備として、生き物をはぐくむためのビオトープ、畔、魚道また、減農薬、減化学肥料栽培の実施や普及に取り組んでいます。

「お米育ち豚プロジェクト」は、えさの一部に国産の米を使うことで、休んでいる田んぼを有効活用し、水田を守るという考えのもとに始まりました。現在1人当たりのお米の年間消費量は、1962年118.3kgと比べると半分以下です。(2019年は53kg)飼料にお米を配合することで、食料自給率の向上にもつながります。約15%配合することで肉質が締まり、甘みのある美味しい豚肉に育つそうです。はじめは豚の飼料だけでしたが、今は広がりを見せ、牛や鶏の飼料にも使われています。

「ハッピーミルクプロジェクト」は、2008年にスタートしました。co・opマークがついている牛乳商品を購入することで、「栄養改善プログラム」の支援や、「アフリカ栄養危機緊急基金」への寄付などに使われています。今まで、モザンビーク共和国、シエラレオネ共和国、コートジボワール共和国を支援してきました。食料を渡すだけではなく、栄養改善に必要な知識を広めることも大切な活動と聞きました。ショックだったのは、「母乳は体に悪いから子供に与えない」など間違った知識が広がっているというお話でした。ものを渡すだけで終わりにしてはいけない活動もあると知りました。

合間に各プロジェクトについてのクイズもあり楽しく学べました。3択でしたが、結構難しかったです。

Nwb220216_02

《参加者の皆さんの感想》
・4つのプロジェクトをひとつずつ丁寧に説明してくださり、とても分かりやすかったです。 1人の力は微力ですが、自分ができることは何かを考えながら協力していきたいと思いました。
・お米育ち豚プロジェクト、お肉としてはとても美味しいも のになっていると思いますので、全国的に広がっていくことを願っております。
・熱い思いをお持ちの職員さんのためになるお話、ありがとうございました。 さらっとしか知らなかったプロジェクトですが、自分なりに協力していきたいと思いました。
・生産者、消費者、先のことまで考えている素晴らしいプ ロジェクトだと思いました。
・クイズでは知らな かったことが多く、ためになりました。 4つのプロジェクト、詳細にお話していただきありがとうございました。

〈CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリで作ったごはん〉
・もちもちしていておいしかった。
・柔らかかった
・癖がなく食べやすい。
・一粒一粒がしっかりしていておいしかった。
・社会貢献できるなら購入してローリングストックとして常備したい。

〈CO・OPさばの味噌煮パウチ〉
・ちょうどよい味付けで、ローリングストックにちょうどいい商品だと思う。
・しょっぱ過ぎず優しい味、量が少ない感じ。
・パウチなので、捨てる時の手間や湯煎のやりやすさなど使い勝手がよく、味も美味しかった。

〈生産者の方へのメッセージ〉
・これからも商品を購入して貢献したいと思います。応援しています。
・もずくおいしくて大好きです。 微力ながらも茨城から応援しています! いつもおいしいものをありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
・生産者の方々の熱い思いが伝わってきて、消費者の立 場から応援していきたいと思いました。普段から、お米育ち豚(お肉に甘味が感じられて本当に美味しいです)が大好きでよく食べていますし、もずくも美味しく、牛乳は十勝牛乳をいつも飲んでいます。 今後の更なるご活躍を楽しみにしています!! 現地の様子を見学できる機会があったら、参加してみたいです。

Nwb220216_03

様々な思いのつまった4つのプロジェクトのことを知り、また、講師の西様の子どものころからの思いを聞けた実りある学習会となりました。
購入して応援できるという、あまりハードルの高くない行動で自分たちも未来につながるための活動ができることがわかり、少しでも多くの皆様にこのプロジェクトの活動がひろがればいいなと思いました。

ピースアクションinオキナワ「第39回沖縄戦跡・基地めぐり」

1.ピースアクションinオキナワについて
(1)日本生協連と沖縄県生協連は、ピースアクションinオキナワとして、沖縄戦跡・基地巡りを毎年開催しています。コロナ禍のため、昨年からオンライン企画で開催されてます。

Pa220216_01

▽特設ページはこちら▽
https://peace.jccu.coop/39thokinawa

(2)いばらきコープでは8月のピースアクションinヒロシマ、ナガサキと同様にオンライン配信を視聴することで平和について考え、その大切さを子どもたちに伝える機会として取り組みます。

2.配信の概要
(1)日時:2022年3月25日(金) 14:00~17:30
Youtubeにて限定配信(当日以降は、見逃し配信を予定しています)
(2)内容
1.学習講演「沖縄の歴史・基地について」 講師:琉球大学 山口剛史准教授
2.映像上映と戦争体験のお話
「海よ、いのちよ」の上映
「学童疎開船『対馬丸』について」 お話:平良啓子さん
3.生協の平和の取り組み報告
「大学生が見たオキナワ」について
報告者:全国大学生協連 学生委員
Peace Now! Okinawa実行委員

※コメント欄に視聴した感想をお願いします。

2022年2月15日 (火)

1月の「おうちdeほぺたんひろば」〜北部ブロック委員会

1月で「おうちdeほぺたんひろば」は5回目となりました。なんと最終回です。一年、早いですね。

今回の食品は
・顆粒片栗粉とろみちゃん
・切らずに使える国産はるさめ
・北海道産小豆使用ゆであずき
です♪

Nb220215_01

寒い季節に使いやすい商品かなと思い選びました。どれも、とても好評でした(о´∀`о)

いただいた感想
顆粒片栗粉とろみちゃん
・水溶きせずに使えるのが便利でした。
・だまになりづらかったです。
・ボトルで使いやすい!

切らずに使える国産はるさめ
・本当にちょうど良い長さでした。
・国産なのが嬉しいですね。
・コシもちょうど良かったです。

北海道産小豆使用ゆであずき
・甘さ控えめで美味しい!
・小豆の粒が大きかったです。
・非常持ち出し袋にしのばせているあずき缶。缶だと重いのでパウチにしようと思います。
・分量が食べきりサイズで良かったです。

番外編
あずきのパウチの切り口について、多くの方にご意見をいただきましたが、現在は2ヶ所になっており、使いやすく改善されております。(左側 以前/右側 現在)

Nb220215_02

今回は本年度、最終回ということで、ご参加された皆様に1年間の感想をうかがってみました。
・今回で最後なんて残念です。続けてほしいです。
・幅広く色々な商品を試せて良かったです。試した後に商品を買いました。
・商品を通じて家族とのコミュニケーションが取れました。
・試食品が届くのが楽しみでした。

毎回、アンケートのご協力も大変だったと思いますが、最後を惜しむ声が圧倒的に多くて嬉しかったです。1年間のご登録ありがとうございました。

さて、ここで嬉しいニュースです! 来年度も「おうちdeほぺたんひろば」が引き続き、開催決定となりました(*´꒳`*) 詳細は北部ブロックニュース「ほくぶ通信4月号」にて掲載予定です。たくさんの方からのご応募を北部ブロック全員でお待ちしております♪

2022年2月14日 (月)

(株)コモ オンライン学習会を開催しました!〜南部ブロック委員会

2022年2月3日(木) 10時〜11時20分 オンライン(Zoom)にて各自宅から参加
参加者:8名(組合員5名 ブロック委員 2名 事務局職員1名)

ロングライフパンでお馴染みのコモパン。そのロングライフパンを学んで美味しい食べ方やアレンジレシピを教えてもらおう! という事で、株式会社コモの塩澤様を講師にお招きしてオンライン学習会を開催しました。

Sb220214_01

コモパンってどんなパン? 保存料無添加なのにどうしてコモパンは長持ちするの? などコモパンの秘密を大公開していただき、美味しくて安心・安全なパンを作るコモのこだわりを講師の塩澤さんが楽しく説明してくださいました。
バーチャル工場見学では、発酵前の生地からクロワッサンが出来上がる工程をじっくりと見る事が出来、パンの甘〜い香りが漂ってきそうで、こんがりきつね色のクロワッサンに思わず手を伸ばしたくなりました。
その後クロワッサンに斜め包丁を入れる裏ワザやクロワッサンを使ったお手軽アレンジレシピなどを実演で料理して教えていただきました。

Sb220214_02

質疑応答の時間では参加者の方々の質問が出やすい温かい雰囲気の中、講師の塩澤さんが一つ一つ丁寧に質問に答えてくださる等、時間が経つのも忘れるくらいの内容盛りだくさんな学習会となりました。これもオンラインならではの良さだなと思いました。楽しい学習会を本当にありがとうございました。

感想(一部紹介)
*このような学習会に参加するのは初めてでしたが、とても有意義な時間になりました。
*講師の方の説明がとても分かりやすく、親しみのある優しく明るい話し方で楽しかったです。
*ロングライフパンの良さがよく理解出来ました。早速購入して食べてみたいと思いました。
*コロナ禍の今、保存がきき便利だと思います。
*工場見学楽しかったです。パンのカットの仕方も参考になりました。

教えていただいたアレンジレシピの「ひじきとツナとコーンの和風サラダサンド」と「クロワッサンアイス」を作ってみました!
クロワッサンとひじき(?!)なんてちょっと意外な組み合わせですが、和風の味わいも楽しめる美味しいレシピで、クロワッサンアイスはコモのパンだからこそ冷凍してもカチカチにならず、オシャレなアイスに大満足でした(^。^)

Sb220214_03

保存料無添加でロングライフパンの美味しいコモパン! もしもの時のローリングストック品として常備しておくのもおすすめです(^^)

コープのうち活 忙しい時のお助け丼♪〜東部ブロック委員会

毎日の食事作りに悩むこの頃。簡単丼の紹介です!
※卵だけで出来る丼!
※鶏肉とごぼうで出来る丼!
アレンジも出来るのでお試しあれ(^^)

低コスト♪ 男子に人気の卵丼
★材料(2人分)
ゆで卵 2〜3個
にんにく 2片
だし醤油 適宜
バター 20g
サラダ油 少々

★作り方
1.ゆで卵は好みの固さにゆで、殻をむいておく。
2.フライパンにサラダ油を入れ、スライスしたにんにくの香りが立つまで炒める。
3.弱火にして、だし醤油 バターを入れゆで卵を転がしながら白身に色をつける。
4.ご飯に卵をのせ、フライパン残ったにんにくバター醤油をまわしかけ、わけぎ、もみ海苔を飾って出来上がり!

★アレンジ
ごま、紅生姜をかけてもok

Eb220214_01

鶏ごぼうの重ね丼
★材料(4人分)
鶏肉 300g(もも肉、むね肉どちらでもok)
コープのささがきごぼう 200g

Eb220214_02

★調味料
砂糖、みりん 各大さじ1
醤油 大さじ4

★作り方
1.熱湯に鶏肉を入れてゆがき、千切りにする。
2.ささがきごぼうを解凍して置く。
3.フライパンに油を熱し、ごぼうを入れしんなりしたら1の鶏肉を加え、汁がなくなるまで炒り煮にする。

★アレンジ
丼にする時は間にも具を入れて!(混ぜご飯にしても美味しいです!)好みで人参、こんにゃくを入れてもok

Eb220214_03

家にある調味料、少ない食材で簡単に洋風、和風に出来る丼はいかがでしたか?

2022年2月10日 (木)

オンライン練習会第2弾 1月号のニュース「おしらせ」にて公募して〜南央ブロック委員会

Scb220210_01

2022年2月7日(月) 9時30分〜 Zoomにてオンライン練習会を開催しました。
事前に申し込みの3人の方に、IDとパスワードと、30分ずつ時間をずらした入室の時間を連絡して、当日を迎えました。

9時30分に入室の方のマイクが入らず悪戦苦闘し、なんとかクリアしたところで後の2人の方が一度に入室されたので当初の予定を急遽変更し、3人一緒にオンラインマナーを伝えたり、マイクミュートや画面のonとoffや手を挙げるのリアクションなどを実際にやりました。
その後に、コープ歴やコープのお気に入りの商品を聞いたり、いつも読んでくださっているニュース記事からオンライン学習会への参加を薦めました。

とても和やかな雰囲気でいろいろなお話をしながら、今日のオンラインの操作は簡単にできたかどうかや、今後興味のある分野を伺うと、健康についてとか終活などに興味があるという声がありました。
「久しぶりに笑った」と嬉しい驚きの感想をいただき、コロナ禍でなかなかコミュニケーションが取りづらくなっている中で、実際に会えなくても、人と人とが関わり会話する事の大切さを改めて教えていただいたオンライン練習会でした!
オンライン練習を重ねていきながら、もっとたくさんの方がリモートに興味をもっていただけるように、また参加して楽しく思っていただける企画を考えて、学習会に繋げていきたいと思いました。

Scb220210_02

今回参加して下さった方々と、また学習会などでお会いできる事を楽しみにしています❤︎
そしてオンラインが苦手な方も是非一度、楽しいオンライン練習会にご参加してみて下さい。お待ちしています❤︎

2022年2月 9日 (水)

グリーンBOXの産地の「県西産直センター」をオンラインでつないで、「圃場確認」を実施しました!

Gb220209_01

2022年1月25日(火) 10時~11時30分、県西産直センターの産地をオンラインでつないで「圃場確認」を実施しました。
「圃場確認」は、 組合員の代表が産地の畑に行き、生産者から農薬の使用実態や土壌改良資材・化学肥料の有無や実態、病害虫の発生状況や発育状況などを聞いて確認する大切な取り組みです。
今回はコロナ禍の中での開催で、ブロック委員といばらきコープの本部、「にんじん」の圃場をオンラインでつないで行いました。
参加者は地域理事・ブロック委員16名で、運営は組合員理事2名、本部職員2名、県西産直センターの事務局1名と生産者1名、 茨城ふるさと産直センター2名で行いました。
当日の天気は晴れで、寒い冬の日の圃場確認が順調に行われました。

Gb220209_02

◆内容は
1.グリーンBOXと圃場確認について説明(茨城ふるさと産直ネットワークより)
2.生産者の紹介と栽培履歴書の説明(県西産直センター事務局より)
3.圃場確認(飯島理事のリポート)
4.質疑応答、交流

Gb220209_03

◆今回は、にんじん(ローズキャロット)を栽培している堤さんの圃場にお邪魔しました。現地では、飯島理事のリポートで、にんじん栽培の様子を伝えていただきました。
広々とした畑にはにんじんが育っていて、手で抜き易くするために、トラクターでにんじんの脇の土を掘ってありました。柔らかくなった土から飯島さんがにんじんを抜いて見せてくれましたが、簡単に抜けるとのことでした。

Gb220209_04

◆ブロック委員との質疑応答(一部)
・ 収穫が11月から3月ということですが一番美味しい時期はいつ頃ですか?
→ 根が順調に生育する寒い時期が美味しいです。
・ 今年の生育はどうですか?
→ 8月の播種時期は気温が高く大変でしたが、その後は順調に生育しています。
・種まきは、どのような作業ですか?
→ 以前はごんべいという機械を使って行なっていましたが、現在はトラクターに播種器を付けて行っているので以前よりは楽になりました。
・ 東京の市場には出ていますか?
→ 茨城ふるさと産直ネットワークの登録商標のため、取引生協以外の一般市場には出ていません。
・ 資料の写真で人参の付け根が青くなっているのや、二股に変形するのはどうしてですか?
→ 土の中から出ているところが日光に当たると、青くなります。障害物があると変形するので、土を柔らかくして障害物がないように気をつけています。
・ おすすめの食べ方はありますか?
→にんじんだけの生ジュースがおすすめです。生だとにんじんの味がよくわかります。

Gb220209_05

◆参加者の感想(一部)
・ ローズキャロットの美味しさはもちろんですが、堤さんの「美味しいと言ってもらえて、たくさん食べてもらえるのがやり甲斐につながる。」という言葉を組合員の方々に伝えたいと思いました。
・ 安心・安全に商品が組合員に届くようにしっかり管理して栽培されていることが分かって、農家の方の努力が素晴らしいなと思いました。
・ 茨城ふるさと産直ネットワークさんや生産者のグリーンBOXの想いや、ローズキャロットの取り組みの想いなどを伝えていきたいと思いました。
・圃場からの中継もあり、実開催のような圃場確認ができました。生産者の方の想いが伝わりました。
・ 説明は現地でその場で集まって伺うよりも、全員がはっきりとよく聞けるのでオンラインの良さを実感しました。
・ ローズキャロットの一番のポイントは美味しさだと思うので、実際にローズキャロットを用意して味わいながらお話を聞けたら良かったなと思いました。

◆今年度2回目の圃場確認で、ブロック委員のみなさんもオンラインに慣れてきているので、スムーズに進めることができました。暑い時期も大変ですが、寒いと機材のバッテリーの消耗が早いといった課題も見つかりました。
今回は、ローズキャロットの取り組みについても改めて確認しました。
1.品種統一(クリスティーヌ)
2.硬盤破壊(2~3年に1度)
3.土壌検査(畑の診断)
4.特別栽培レベル
5.葉面撒布(ミネラル資材の活用)
6.出荷は1月以降
7.消費者との交流
そして、ローズキャロットが美味しくなる理由が、よくわかりました。今後の参加者からの発信も、楽しみにしたいと思いました。

50周年おめでとうメッセージボードが完成しました!~東部ブロック委員会

ブロックニュース、総代会議で50周年おめでとうメッセージを募集しました。たくさんの温かいメッセージをいただきましたので、形に残したいと思いメッセージボードを作成しました。メッセージに、総代さん、センター職員さんの写真をプラスしてみんなでお祝いできたかなと思います。手に持っているボードは、ブロック委員の手作りです(^^)

Eb220209_01

ボードは鹿嶋センター、鉾田センターに掲示させていただくことになっています。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m

2022年2月 8日 (火)

あなたもできる食の支援「フードバンク オンライン学習会」を開催しました☆彡~北部ブロック委員会

2022年1月26日(水) オンライン(Zoom)にて各自自宅より参加
参加者:12名(組合員9名 ブロック委員3名)

「もったいないをありがとうに」をテーマに、食の支援活動を行っているNPO法人フードバンク茨城の田中さんをお招きして、フードバンクの活動についての学習会を行いました。支援の現場での実態や、活動をされているボランティアさんの現在の課題についてのご説明をいただきました。

Nb220208_01

みなさんはこちらの「きずなBOX」というドラム缶のようなものを、目にされたことはありますか?

Nb220208_02

この「きずなBOX」は、個人が家庭で余っている食品の寄付を行うことが出来るもので、市町村役場やコープのお店など茨城県内に164か所(21年12月現在)設置されています。設置場所は、Googleマップで「きずなBOX」と入力して検索すると確認できます。

Nb220208_03

食品を寄付する際にはいろいろな条件があるので、こちらをご確認ください。

Nb220208_07

フードバンクでは、食品メーカーやスーパー、小売店、農協、市民、団体からの販売できない食品や余分になった食品の寄付を受け、それらの食品を必要としている施設や団体、社協などの連携先に支援する活動を行っています。
詳しくは、フードバンク茨城のHPをご覧ください。
https://sites.google.com/site/fbibaraki/

Nb220208_04

Nb220208_05

事前に田中さんに質問を提出し、それらについても学習会内で詳しくお答えいただきました。より内容が深まりとても良い学習会になりました♪

Nb220208_06

参加した感想
・フードバンクの現場の生の声を聞かせていただいて貴重な時間でした。
・普段生活をしているとそんなに困っている人たちがたくさんいるのかな? と実感がわかないのが実際の所ですが、フードバンクの活動を通して現実がわかるというお話、興味深かったです。
・SDGsの理念が広がり、企業からの寄贈が増えたことは良いことですが、風潮に左右されない持続的な協力があることを願いたいです。
・引き出物のお茶や海苔、お菓子などが喜ばれるということを知りました。そういったものが喜ばれる児童養護施設など支援先があることが周知されればいいと思いました。
・今回、きずなBOXがいろいろな場所に設置されていることを知ったので、こうした学習会の必要性を感じました。
・ボランティアスタッフさんの大変さを知りました。

2022年2月 2日 (水)

☆おうちdeほぺたんひろばオンライン交流会を開催しました☆~中部ブロック委員会

2022年1月23日(日)
参加人数:15名(組合員6名 地域理事1名 ブロック委員7名 職員1名)

コロナ禍で集まっての組合員活動が出来ないなか、今年度から始まりました、おうちdeほぺたんひろば (*^^*)♡ 一年間の商品を通しての交流から、オンラインの画面を使ってお顔の見える交流を企画、12月の最終発送にて交流会開催のお知らせを同封しました。

内容は
◎自己紹介を兼ねて、ブロック委員から担当月に送付した商品紹介
◎試食品を送付して交流会で感想
◎質問も同封して、画面にて○×で回答
◎次年度に向けての希望商品や要望についての交流

Cb220202_01

試食品は三角ティーバック紅茶です♪

参加者感想
・送付した試食品「三角ティーバック紅茶」がお気に入りになりました。豆乳で作ったティーラテがお勧めです。色々なメーカーの紅茶で試してみてましたが一番おいしたかったです。
・全7回のひろば試食品、初めて食べてお気に入りになった商品は多数ありました。
・7月送付「全粒粉黒ごまビス」美味しかったです。家族も大好きですぐ無くなってしまいます。
・8月送付「開けやすい手さげポリ袋」ホントに開けやすく、違いがわかりました。
・9月送付「クオリティシリーズ」はたくさん試してみたいので、ありがたかったです。
・10月送付「ロングライフパン」サンドイッチの食材と一緒に届き、楽しめました。
・11月送付「栗おこわ」美味しかったです。送られた中で一番お気に入りになりました。
・12月送付「レモンドライフルーツ」は国産で味も美味しい。お菓子作りにも利用できました。
・自分の注文した商品と、おうちdeほぺたんひろばで届く商品がダブらないように予告があると良い。逆に予告がない方が楽しみ感がある。と両意見がありました。
・次年度は雑貨や日用品の要望もありました。

今回の交流会、参加者が積極的に発言してくださり、お顔が見える実開催の「ほぺたんひろば」のように共有できました \(*^-^*)/
初めて、Zoomに参加していただいたメンバーさんからは「ブロック委員さんの対応が親切でスムーズに参加することができました。これを機に学習会に参加してみたい。」とお声もいただき、今後のオンライン学習会に繋がる可能性がひろがりました。

今年度のおうちdeほぺたんひろばにご登録の皆様、ご参加ありがとうございました。商品を真ん中に発見や楽しい時間を過ごせましたでしょうか? 次年度も是非 新しい出会いをお待ちしております。

Cb220202_02

Cb220202_03

オンライン学習会 率直な感想を商品開発に活かせる「商品グループインタビュー」を開催しました★~南部ブロック委員会

2022年1月21日(金) 10時~11時40分 オンライン交流会(Zoomにて)
参加者:9名(理事1名 ブロック委員7名 事務局職員1名)

コープデリ宅配のカタログ「ハピ・デリ!」(P.64)に掲載されている「クイックディッシュ」をご存じですか? 春から掲載が始まる新商品を試食し、味や見た目、材料、そしてパッケージについて、細かい所まで話し合いました。

「クイックディッシュ」(メーカーさんと日本生協連の共同開発)の特徴は
・常温で長期保存のできるお惣菜(賞味期間は365日!!)
・開封してそのまま食べられる(もちろん電子レンジや湯煎で温めても美味しい)
・保存料・防腐剤は使用せず

これらの特徴をクリアした画期的な商品です。
*忙しくて、毎日の食事の準備が大変!
*ランチや夕食、お弁当に追加で一品、また急いで食べたいときなどに便利♪
*非常時に、温めなくてもそのまま安心して食べられる(^^)
*国産の材料を使った美味しさへのこだわりはとても重要!

メーカーさんのさらなる企業努力により
*新技術のパッケージを開発しバリア性を重視
*パッケージ内の空気を抜き、安全な窒素ガスを注入することにより、保存料・防腐剤不使用を可能に
*およそ120℃の高温高圧状態での殺菌
*これらを追求し、この「クイックディッシュ」が開発されました。
これにより、災害時の非常食やパントリーのストックに、また一人暮らしをしている大学生のお子さまや、単身赴任のご家族に……と、便利に使えるようになりました。

商品グループインタビューでは、今後の商品開発や改善の参考にしていくため、思った意見を率直に述べやすいよう、5人ずつの小グループに分かれ約1時間の意見交換会をしました。

今回試した「あごだし香る! 鹿児島県産ぶり・大根」(本体価格¥398 春以降~掲載予定)は、ぶりも大根も2切れずつ入っており、普段から食卓にあげたいほど美味しく、味もしっかりついているので、ご飯がすすむ美味しさでした。大根はくたくたによく煮えていて、家庭では時間の掛かる一品がすぐに食べられる便利さは、クセになりそうです。汁気もたっぷりあり、魚の苦手な子どもにも美味しい!! と評判でした。が、少しパサつきが気になった、という意見も出ました。

Sb220202_01

「緑黄色野菜とうふハンバーグのホワイト煮込み」(本体価格¥398 春以降~掲載予定)は、柔らか~く加熱調理されたとうふハンバーグの中に、チーズがたっっぷり入っています。柔らかく茹でられた人参とジャガイモが添えられていて、ホワイトソースがとろりとかけられていました。緑黄色野菜(玉ねぎ、人参、ブロッコリー、南瓜、トマト、枝豆、ほうれん草)は、とうふハンバーグの生地に練りこまれています。
この商品は、介護が必要な方や、あごの力が弱いお子さまにはもってこいの商品です。歯がいらないくらい、柔らか~く煮込まれています。 この同じ材料で、デミグラスソースやトマトソース、おろし大根の和風ソースなどシリーズ化すれば、色んな場面で色々な年齢層に愛されるのではないかなという感想が出ました。焦げ目がついていると美味しそうに見える、もう少し味にアクセントが欲しいなどの意見もありました。

Sb220202_02

Sb220202_03

パッケージについても意見が出て、外袋にイラストや写真などが貼ってあると、外からでも中のメニューがわかりやすい、とか、中の本体にも「電子レンジで〇秒」との記載があるといいな、などの意見もありました。

今回のお試し2品は春以降の販売予定ですが、2月1回からの「ハピ・デリ!」には、
◎筑前煮
◎鶏大根
◎グリルチキン
◎サバの味噌煮
などが順次掲載されていくようです。

このような 商品開発の途中に意見交換をできることは、とても貴重な機会です。また、組合員のみなさまにも、このようにして利用者の意見が反映されていく過程を経験させてあげられたら、コープらしくて素晴らしいなと感じました。
モデレーターさんのグループミーティングの進行がとてもスムーズで、学習会の進め方、意見の引き出し方など、我々ブロック委員も色んな意味で大変学習できました。ありがとうございました。

「クイックディッシュ」は、組合員のみなさまにも是非お試しいただきたいです。学習会を開催し、試食していただき意見交換会ができるようになるまで、どうぞお楽しみにお待ちくださいね。

Sb220202_04

2022年2月 1日 (火)

おめでとう!! コープつちうら店15周年アニバーサリー~南央ブロック委員会

2022年1月30日(日) コープつちうら店が15周年を迎えてアニバーサリーイベントありました。

例年は、外にテントを張って平和募金のバザー品を販売したり、お店の中でも賑やかなイベントをしてきたのですが、コロナ禍で人が集まる事ができない状況での寂しいアニバーサリーイベントになって2年になります。(早くもとのようなイベントがした〜い!)

そんな中、みんなに喜んでもらいたい企画として、
❤︎1月の抽選会とコラボしてマイバスケットの中にブロック委員が選んだ商品をいっぱ〜い詰め「南央ブロック賞」をつくりました。

Scb220201_01

当選した方から「こんなにたくさんいいんですか〜」の喜びのお声をいただきました\(^-^)/

❤︎ブロック委員おすすめ商品のPOPの作成(昨年好評でしたので)をしました。

Scb220201_02

今年はなんと! お店入口近くに「おすすめ商品」の特設コーナーができていました。

Scb220201_03

店内は、アニバサリーの旗がところどころにあり、いつもより来店者が多く、職員の方は忙しそうに商品の補充やレジ打ちなどに奮闘していました。

Scb220201_04

外では土浦センターの方々が、ガラポンで盛り上げてくれていました。

Scb220201_05

今年もコロナ禍でお祭り騒ぎとはいかない状況でしたが、感染対策をしたうえで15周年の感謝と皆さんに喜んでもらいたい気持ちを、それぞれがそれぞれの場所で精一杯している姿に感動しました。

15周年おめでとう❤︎ そしてありがとうございましたm(_ _)m

「葬祭ディレクターが教える今どきの家族葬・直葬」オンライン学習会に参加しました~西部ブロック委員会

2022年1月14日(金) 10時~11時
参加者:8名

西部ブロック委員を対象に、(株)コープサービス コプセ案内センター葬祭事業部 海老原様を講師にお迎えして「今どきの家族葬・直葬」について学びました。

始めに、もしもの時の主な流れ、葬の種類を教えていただきました。
〈葬の種類〉
1.直葬 火葬だけで見送ること
2.一日葬 通夜をしない葬送式
3.家族葬 家族を中心に数人数で執り行う葬送式
4.一般葬 両日とも参列者がいる葬送式
5.火葬式 火葬とお別れの儀で見送る式
6.樹木葬 埋葬場所に樹木を植える埋葬方法のこと

それから、葬儀の費用について事前にいただいた概算見積りの資料を元に教えていただきました。ご家族様からのご要望、ご予算に応じてご相談に乗っていただけるとのことでした。

コロナ時代のお葬式について、エンディングノートについても教えていただきました。

Wb220201_01

機会がないと葬儀について学ぶことが出来ないので、とても貴重な時間となりました。これを機会に家族と話しあってみたいと思います。

《参加しての感想》
・葬儀の種類や流れ、コロナ禍の事情を分かりやすく説明していただき、とても参考になりました。
・機会がありましたら、エンディングノートの書き方の学習会にも参加したいと思います。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »