« ピースアクションinオキナワ「第39回沖縄戦跡・基地めぐり」 | トップページ | いばらきコープ50周年プレゼント企画 南部・南西ブロック委員会コラボ企画第2弾!!「オリジナルエコバッグプレゼント」~南部ブロック委員会 »

2022年2月16日 (水)

「みんなで応援! 4つのプロジェクト」オンライン学習会~北西ブロック委員会

2022年1月24日(月) 10時~11時30分 各自宅からZoomにて
参加者:20名(組合員11名 ブロック委員8名 職員1名)

コープデリ生活協同組合連合会CSR推進部 西 綾花様を講師にお迎えして、「みんなで応援! 4つのプロジェクト」のオンライン学習会を開催しました。
北西ブロックは、今年度コープのSDGsについての取り組みを広めるため、北西ブロックニュース「ほくとうせい」にSDGsの記事を掲載してきました。
学習会は、第1弾が先月の「食品ロスを科学する」、第2弾がこの「4つのプロジェクト」学習会です。

事前に、「佐渡トキ応援お米プロジェクト」の商品の一つで「CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリで作ったごはん」とごはんのお供と「CO・OPさばの味噌煮パウチ」を送らせていただきました。

まず、4つのプロジェクトとは何かから教えていただきました。
「美ら島応援もずくプロジェクト」「佐渡トキ応援お米プロジェクト」「お米育ち豚プロジェクト」「ハッピーミルクプロジェクト」の4つです。

Nwb220216_01

「美ら島応援もずくプロジェクト」は、伊平屋島産もずく商品1点につき1円を「美ら島応援基金」に寄付されます。主な使い道としては、漂着ごみの運搬・処理、や砂地の浄化など自然環境保護活動に活用されるそうです。

「佐渡トキ応援お米プロジェクト」は、新潟佐渡コシヒカリ商品の利用に応じて売り上げの一部が「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付されます。主な使い道は、「環境にやさしい佐渡米づくり」や「生きものをはぐくむための環境づくり」に活用されます。トキが増えるための環境をつくるための準備として、生き物をはぐくむためのビオトープ、畔、魚道また、減農薬、減化学肥料栽培の実施や普及に取り組んでいます。

「お米育ち豚プロジェクト」は、えさの一部に国産の米を使うことで、休んでいる田んぼを有効活用し、水田を守るという考えのもとに始まりました。現在1人当たりのお米の年間消費量は、1962年118.3kgと比べると半分以下です。(2019年は53kg)飼料にお米を配合することで、食料自給率の向上にもつながります。約15%配合することで肉質が締まり、甘みのある美味しい豚肉に育つそうです。はじめは豚の飼料だけでしたが、今は広がりを見せ、牛や鶏の飼料にも使われています。

「ハッピーミルクプロジェクト」は、2008年にスタートしました。co・opマークがついている牛乳商品を購入することで、「栄養改善プログラム」の支援や、「アフリカ栄養危機緊急基金」への寄付などに使われています。今まで、モザンビーク共和国、シエラレオネ共和国、コートジボワール共和国を支援してきました。食料を渡すだけではなく、栄養改善に必要な知識を広めることも大切な活動と聞きました。ショックだったのは、「母乳は体に悪いから子供に与えない」など間違った知識が広がっているというお話でした。ものを渡すだけで終わりにしてはいけない活動もあると知りました。

合間に各プロジェクトについてのクイズもあり楽しく学べました。3択でしたが、結構難しかったです。

Nwb220216_02

《参加者の皆さんの感想》
・4つのプロジェクトをひとつずつ丁寧に説明してくださり、とても分かりやすかったです。 1人の力は微力ですが、自分ができることは何かを考えながら協力していきたいと思いました。
・お米育ち豚プロジェクト、お肉としてはとても美味しいも のになっていると思いますので、全国的に広がっていくことを願っております。
・熱い思いをお持ちの職員さんのためになるお話、ありがとうございました。 さらっとしか知らなかったプロジェクトですが、自分なりに協力していきたいと思いました。
・生産者、消費者、先のことまで考えている素晴らしいプ ロジェクトだと思いました。
・クイズでは知らな かったことが多く、ためになりました。 4つのプロジェクト、詳細にお話していただきありがとうございました。

〈CO・OP産直新潟佐渡コシヒカリで作ったごはん〉
・もちもちしていておいしかった。
・柔らかかった
・癖がなく食べやすい。
・一粒一粒がしっかりしていておいしかった。
・社会貢献できるなら購入してローリングストックとして常備したい。

〈CO・OPさばの味噌煮パウチ〉
・ちょうどよい味付けで、ローリングストックにちょうどいい商品だと思う。
・しょっぱ過ぎず優しい味、量が少ない感じ。
・パウチなので、捨てる時の手間や湯煎のやりやすさなど使い勝手がよく、味も美味しかった。

〈生産者の方へのメッセージ〉
・これからも商品を購入して貢献したいと思います。応援しています。
・もずくおいしくて大好きです。 微力ながらも茨城から応援しています! いつもおいしいものをありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
・生産者の方々の熱い思いが伝わってきて、消費者の立 場から応援していきたいと思いました。普段から、お米育ち豚(お肉に甘味が感じられて本当に美味しいです)が大好きでよく食べていますし、もずくも美味しく、牛乳は十勝牛乳をいつも飲んでいます。 今後の更なるご活躍を楽しみにしています!! 現地の様子を見学できる機会があったら、参加してみたいです。

Nwb220216_03

様々な思いのつまった4つのプロジェクトのことを知り、また、講師の西様の子どものころからの思いを聞けた実りある学習会となりました。
購入して応援できるという、あまりハードルの高くない行動で自分たちも未来につながるための活動ができることがわかり、少しでも多くの皆様にこのプロジェクトの活動がひろがればいいなと思いました。

« ピースアクションinオキナワ「第39回沖縄戦跡・基地めぐり」 | トップページ | いばらきコープ50周年プレゼント企画 南部・南西ブロック委員会コラボ企画第2弾!!「オリジナルエコバッグプレゼント」~南部ブロック委員会 »

02 北西ブロック」カテゴリの記事

14 平和・ユニセフ・フードバンク」カテゴリの記事

16 学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピースアクションinオキナワ「第39回沖縄戦跡・基地めぐり」 | トップページ | いばらきコープ50周年プレゼント企画 南部・南西ブロック委員会コラボ企画第2弾!!「オリジナルエコバッグプレゼント」~南部ブロック委員会 »