« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月29日 (金)

ブロック活動テーマ「つながリンク♬」のキャラが決定しました!〜北西ブロック委員会

ブロックニュース5月号と店舗にて、活動テーマ「つながリンク♪」のキャラクター募集を行い、7名の方に応募いただきました! たくさんのご応募ありがとうございました。

その中から選ばれたのは、ニックネーム 「ちーずけーき」さんが応募してくれた「つながりんごちゃん」です♪

Nwb220729_01

北西ブロックエリアである大子町の名産品の1つりんごを モチーフに、6つの市町のそれぞれの花を使ってくれた所が工夫されていて、ブロック委員もとても感動しました。 そして何より「真っ赤なりんごと黄色いほっぺ」が、目立って可愛い♪ さらに、ブロック委員が「つながりんごちゃん」のぬいぐるみを作りました!!

Nwb220729_02

とっても可愛く作ってくれて嬉しいりん♪

今年度は、この「つながりんごちゃん」をいろいろな場所に連れていって、北西ブロックの活動を一緒に頑張っていきたいと 思っています。「つながりんごちゃん」をどうぞよろしくお願いします。 可愛がってください〜(^o^)

あなたは知ってる? サステナブルマーク~南西ブロック委員会

にじいろ通信6月号でコープサステナブルマークを送ってプレゼントをゲット! というお楽しみ企画を開催しました。

Swb220729_01

Swb220729_02

コープサステナブルマーク

コープサステナブルとは……
環境や社会に配慮した主原料を使った商品に、共通のロゴマークを付けてシリーズ化しました。こうした商品を選んで使うエシカル消費が「持続可能(サステナブル)」な社会実現につながります。

「コープサステナブル」シリーズは、海・森・大地・リサイクル材使用の4つのシリーズがあります。

海 原材料の魚はすべて、持続可能(サステナブル)であると認証された漁業で獲られた水産物を利用しています。
森 適切に管理された森林から生産された農林産物や再利用された紙資源を主原料としています。
大地 農薬や化学肥料に頼らずに、土壌の力を生かし、環境の負荷をできるだけ少なくする農法で作られています。
リサイクル材 製品本体で認証を取得し、かつ環境配慮や省資源につながる使い方・用途を提案しています。

今回の応募者の中では「海の資源を守る」マークが多く「これから選んで買います」という感想もいただきました。

・コープサステナブルマークを知って欲しい
・限りある資源を大事にしたい
・日々の買い物でサステナブルを意識して欲しい
という思いで企画しました。たくさんのご応募ありがとうございました! 厳選なる抽選により当選者の方々にはブロック委員のおすすめ商品を送らせていただきました。
これからもいばらきコープのサステナブルな取り組みに興味を持っていただけると嬉しいです。

詳しくはこちら↓↓↓
https://goods.jccu.coop/ethical/sustainable.html

2022年7月27日 (水)

鹿行産直センターへ圃場確認に行ってきました!!~東部ブロック委員会

燦々と降り注ぐ太陽が清々しい2022年7月25日(月)に、鹿行産直センターへ圃場確認に行ってきました。
いばらきコープでは、毎年グリーンBOXで取り扱っている産地の圃場確認をおこなっていましたが、コロナ禍により3年ぶりの訪問になりました。「いや~久しぶりなんで緊張しますわ!!」と笑顔が素敵な鹿行産直センター遠峰さんの案内のもと出発です☆

ジブリの世界に迷い込んだような小道を歩いていくと、見えてきたのは「行方市 大和田さんのジャガイモ畑!!」

Eb220727_01

Eb220727_02

まず私たちが目の当たりにしたのは、イノシシに食べられてしまったジャガイモでした(>_<) 行方市には、イノシシが多く出没し対策をしないと一晩で全ての畑を荒らされてしまうそうです。

そして、現在生産しているジャガイモ「北あかり」「アンデスレッド」の生育についてお聞きし、収穫体験までさせていただきました。

Eb220727_03

「エッ!? リンゴ(゜o゜)」と思えるほどの大きな赤い色味の品種「アンデスレッド」。ホクホクしていて、まるでさつまいものような甘みが特徴なんですって。

ジャガイモ畑を堪能した後は、大和田さんのご自宅(作業場)へ移動~
お若くて綺麗な奥様がお出迎えです♡

Eb220727_04

作業場では、使っている肥料、農薬、機械等について詳しくお話してくださいました。お話の中で、今回私たちが一番印象に残り皆さんに知っていただきたいと感じたことは、肥料、資材、運搬費などが以前より2~5倍値上がりしているが、出荷の価格は横ばいであるため大変苦慮されているということでした。コロナ禍・燃料高騰・異常気象……生産者さんにとって年々厳しい状況が続いているのです。

消費者として、何かできることはないだろうか? 私たちがまず出来ることは、生産者さんの現状を伝えること!! そして、野菜の内側に見える生産者さんの想いを知り、感謝の心を持ち大切に食物をいただくことだと思います。

お忙しい中、圃場確認を受け入れてくださった「鹿行産直センターのみなさん」「大和田ご夫妻」本当にありがとうございました。

2022年7月26日 (火)

もうすっかり、「べんりで酢」の虜です!(株)トキワのオンライン学習会を開催しました♪~北西ブロック委員会

2022年6月9日木曜日、株式会社トキワの「べんりで酢」の学習会を、各自宅Zoomにてオンラインで開催しました。
「総代優先企画」として募集したこの企画。総代さんにもたくさんご参加いただいて、「参加者16名」のにぎやかで楽しい学習会になりました。
本来、(株)トキワの学習会は「実際に集まった人達で調理をしながら、交流する学習会」のスタイルだったそうですが、なにせこのご時世……「調理の映像をライブ中継」とのスタイルに変えて、実施しました。トキワさんにとっても初めての「オンライン調理」での学習会だったそうですが、講師の西村さんの説明と、実際に調理をしてくれた橋本さんのコンビは息もピッタリで、とても分かりやすく映像の見せ方にも工夫をしながら、トキワの商品を使って簡単レシピを3品披露してくれました。

✦ レンジでチンするエビのチリソース
✦ 揚げない酢豚
✦ 簡単、油淋鶏のタレ

Nwb220726_01

Nwb220726_02

Nwb220726_03

「イケメン営業マンに、ベテラン主婦達がレクチャーを受ける……」なんとも不思議な感じになりましたが、とても楽しくて有意義な時間が過ごせました。
特に「エビチリ」は、材料を混ぜてレンジでチンするだけで出来上がるとの事。私も正直半信半疑でしたが、実際に作ってみてビックリ!! 海老がプリップリで美味しいんですよ(^o^) とても簡単なので、レシピをご紹介しますね。

Nwb220726_04

材料を混ぜて、チンしただけとはとても思えない出来栄えですよ♪ 皆さんもぜひ、お試しあれ!

さて、株式会社トキワのご案内をしましょう。(株)トキワは、兵庫県の日本海側に位置し、調味料を中心とした創業109年の老舗の各種食品製造会社です。
企業理念は……
✦地元の食材を生かした商品
✦もっと食を楽しく・おいしく
✦健康と安心安全を考えたモノづくり……をモットーに
コープでは「ぐるめぐり」のカタログで取り扱っています。
その中でも今回のオンライン学習会で取り上げた「べんりで酢」。特徴は、(こだわりの原材料と配合で実現した)「まろやかな酸味・深い味わい」のちょっぴり甘めの調味酢です。

今回のオンライン学習会に参加された皆さんの感想……
・スタッフの方々が入室時にフォローしてくれて助かった。
・お酢のお料理を身近に感じ、毎日食卓に取り入れたくなりました。
・学習会がとても充実していて、今夜の夕食作りは楽しかったです♪
・調理のライブが良かった。
・実演があり、おいしさの秘密も分かり、これから夏バテ予防に利用したいです。
「とても良かった」のご回答を100%でいただいて、企画担当した私達も嬉しさ100%の大成功のオンライン学習会になりました。

Nwb220726_05

Nwb220726_06

トキワのホームページには、この他にもレシピがたくさん載っています。「トキワのキッチン」で、検索してみてください。この夏の暑さを「お酢の力」でぜひ乗り切っていきましょう♪

2022年7月22日 (金)

コープひたちなか店18周年アニバーサリーイベント開催報告~北西ブロック委員会

2022年5月22日(日)は、18周年を迎えたコープひたちなか店のアニバーサリーイベントにたくさんの方々にお越しいただきました♪

北西ブロック委員会では、SDGsの目標をもとに、コープが取り組んでいる商品を探してもらう「co・op/SDGsビンゴゲームにチャレンジしよう!」を開催し、46名の方に参加していただきました。そして、30名の方にSDGsに取り組んでいるコープ商品を贈りました。また、たくさんの方にいばらきコープのSDGsの取り組みを知っていただきたく、北西ブロックでSDGsの取り組みをまとめた「コープのSDGs」小冊子も一緒に送りました。

Nwb220722_01

参加された方から感想などを記入するコメント欄はなかったのですが、
・楽しく学ぶことができる企画をありがとうございます。
・商品のことを知りながら、楽しく学ぶことができました。
・小学3年生で社会科のスーパーマーケットの学習にこんなビンゴゲームを取り入れると楽しいかもしれませんね。
・いつも楽しい企画をありがとうございます。SDGsビンゴ、勉強になったし、楽しめました。
とたくさんの感想を書いていただきました♪ ありがとうございました♡

さらに、ひたちなか店&北西ブロック委員会共催でのポイントキャンペーンには、1175名の方に参加いただきました(^^)♫ 店長と共にブロック委員会で抽選を行い、総額20万ポイントを200名の方に、さらに楽しんでいただけるよう特別賞として、北西ブロック委員会理事賞には理事のおすすめコープのクオリティ商品を5名の方に、ブロック委員賞はブロック委員おすすめの商品を20名の方に贈りました♪

Nwb220722_02

今年もコロナ禍で18周年を盛大に開催することはできませんでしたが、ポイントキャンペーンやSDGsビンゴゲームの開催期間を長くしたことで感染対策もでき、少しでも皆さんに喜んでもらえたら、嬉しいです♪
これからもひたちなか店が地域のみなさんに愛され、頼られる存在になって欲しいと思います。私たちも引き続き、応援していきますq(^^)p

2022年7月21日 (木)

(株)タニサケ「ゴキブリキャップ」オンライン学習会を開催しました~中部ブロック委員会

2022年7月7日(木) 10時〜11時30分 Zoomにて
参加人数:13名(組合員5名 ブロック委員7名 理事1名)

七夕の日に、株式会社タニサケ東京支店 釜本様を講師として学習会を開催しました。
天然成分100%でできているゴキブリキャップの話だけでなく、ゴキブリの種類や特徴なども教えていただきました。苦手なゴキブリのことでしたが、釜本様の話し方や雰囲気のせいでしょうか、とても楽しく聞くことができました。

Cb220721_01

Cb220721_02

参加者のアンケートでは「学習会とても良かった」と答えてくれた方がほとんどでした。
☆ゴキブリのことが良くわかりました。
☆大変参考になりました。有意義な時間をありがとうございました。
☆ゴキブリがとても嫌いなので参加しました。安直に様々な商品を購入していましたが、嫌いだからこそしっかりとゴキブリの生態を把握した上で、適切な商品を使用する事が大切だと思いました。衝撃的な写真も含め、とてもよい勉強会となりました。
☆詳しい説明を聞けて、ゴキブリキャップの凄さがわかり良かったです。勉強会後、しっかり全部置かせていただきました。
☆釜本様(タニサケ)のお話がやさしく深くとても有意義な学習会となりました。知りたかったあれこれも学べタニサケさんと多商品の価格差ちがいに納得し、長く愛される理由など、また出会った時の対処なども。
☆ゴキブリキャップの有効成分や、効果的な使い方についてとても勉強になりました。ゴキブリの話もタニサケ釜本さんのユーモアで楽しく聞くことができました。

総代限定企画「小川珈琲ハイブリッド学習会」を開催しました!~北部ブロック委員会

2022年7月13日(水) 日立シビックセンター会議室、およびオンライン(Zoom)にて参加
参加者:19名(理事1名 ブロック委員8名 組合員9名 職員1名)

1年間お世話になった総代の皆さん限定で「小川珈琲ハイブリッド学習会」を開催しました。北部ブロックでは初の試みとなる「ハイブリッド学習会」です。
「ハイブリッド学習会」とは、通常のオンライン学習会では参加者が全員オンライン(Zoom)からの参加となりますが、今回は会場である日立シビックセンターにも直接来ていただき、ブロック委員といっしょに画面を見ながら学習会に参加するというものです。Zoomが使えなくても学習会に参加していただけるよう、計画いたしました。

Nb220721_01

本日の学習会の講師は、小川珈琲(株)都関日女乃(とせきひめの)様です。小川珈琲の珈琲づくりの資料を基に、コーヒー豆ができるまでや主なコーヒー生産国と特徴、コーヒー豆の焙煎・ブレンドについてなどを、スライドを見ながら説明していただきました。
途中クイズもあり、会場やオンラインの参加者に回答していただきました。その後、コーヒーのおいしい抽出方法を実演していただきました。今まで何となく淹れていたコーヒーの正しい抽出方法、またそうする理由がよくわかりました。

Nb220721_02

学習会終了後、Zoom教室を開催しました。Zoomを使ったことがない方や自信がない方に、ブロック委員がお手伝いして試してもらうように企画しました。参加希望された方が学習会を欠席されたため、1名の方の参加となってしまいましたが、マンツーマンで説明したので、操作に自信を持っていただけました。

Nb220721_03

ハイブリッド学習会とZoom教室、どちらも初めての試みでいろいろ不慣れな点もありましたが、この経験を次に活かして行きたいと思います。

〈感想〉
・企業努力を知ることができて有意義な時間でした。価格が高いのにも納得です。
・身近な飲み物なのに知らないことが多くて、大変参考になりました。
・美味しい珈琲の淹れ方も学べたので、ひと味違う珈琲を楽しみたいと思います。
・機械=苦手で苦手意識でしたが、Zoom教室に参加してZoomに自信が持てました。

2022年7月20日 (水)

ほくほく美味しいじゃがいも食べ比べ学習会(オンライン)を開催しました。~南央ブロック委員会

2022年7月6日(水) 10時30分~12時 各自宅でオンライン(Zoom)
参加人数:12名(組合員7名 ブロック委員4名 理事1名)

わが南央ブロック地域には、良質な堆肥や有機質肥料を使った丁寧な土づくりなど、土にこだわり、農作物を育ている「霞ヶ浦有機センター」があります。生産者の池田ご夫妻と事務局の鈴木さんをお迎えし、採れたばかりの美味しいじゃがいもの学習会を行いました。

栽培から収穫の工程、栄養、毒素、保存方法などパワーポイントを使ってとても分かりやすく教えていただきました。途中でクイズがあったり、豆知識の紹介もあり、新しく知ることがたくさんありました。
品種の特徴の説明は、参加者に予め送り込んだ3種類(とうや、きたあかり、トヨシロ)のじゃかいもを蒸して準備してもらい、みんなで一緒に食べながら聞きました( 'ч'〃)♪
知識と美味しさたっぷりのじゃがいもの食感が連動したことで、まるで実参加したかのような一体感で、より理解が深まった感じがしました。

Scb220720_01

池田さんの奥様のじゃがいもレシピは、日々の食事はもちろん、おもてなしの時にも大活躍の美味しそうなものばかりでした。早速作ってみようと思います♪

Scb220720_02

参加者の感想
・3種類のじゃがいもの食べ比べをすることはなかなかない経験で、今日はできて良かったです。
・それぞれの味や特徴がよく分かり、楽しく美味しかったです。
・気になっていた毒性について知ることが出来たので、今後に活かして行きたいです。
・これからはじゃがいもを買う時に、生産者さんのお顔が浮かびます♡

Scb220720_03

これからも美味しいお野菜を作ってくださる産地の方々との交流を深めていきたいと思います(^-^)

「おうちdeけんこうチャレンジ」始まりました!!~東部ブロック委員会

東部ブロック初めての試み!! 通年継続企画!! が7月スタートしました。
コロナ禍において、自宅にいる時間も増え食習慣の変化がある方も多い事と思います。そこで「食習慣バランス診断BDHQ」(正式名称:簡易型自記式食事療法質問票)を用いて自身の食事の習慣を知り、改善の視点を見つけていただき組合員の皆さんの健康づくりへ繋げていく企画になっています。年間を通じて~食習慣~を意識することによって、「体調に変化が訪れた!!」と思っていただけることが目標です。

~企画内容はこちら~

Eb220720_01

まず1回目は、ご自身の食習慣の「現状を知ろう!!」です。
19名の組合員の皆さんが参加。食生活を振り返りながらご自宅にて用紙への記入・WEBからの回答をしていただいています。8月上旬に結果がご自宅に届きます。

Eb220720_02

そして、2回目は「結果をもとに学ぶ!!」です。
コープデリ連合会サステナビリティ推進部 市原るり子さんを講師にお招きし「健康を科学する学習会」を8月18日にハイブリット開催します。

ゴールは、4回目の2023年3月です!! 今後も「おうちdeけんこうチャレンジ」レポートブログを発信していきますのでお楽しみに(*´ω`*)

2022年7月18日 (月)

コープのうち活 暑い日のお昼は火を使わずに簡単冷麺♪〜南部ブロック委員会

あまりにも短い梅雨が明けたとたんに連日の猛暑で、はやくも夏バテ……などしていませんか? 暑い日は出来るだけ涼しく快適に、出来れば火を使わずに料理をしたいですよね。そんな想いにピッタリの「流水解凍冷麺」をコープデリのチラシで見つけ、早速作ってみました!

Sb220718_01

作り方は驚くほど簡単で、あらかじめゆでて冷凍してある麺を流水で解凍し、水で希釈した添付のスープを器に入れ、お好みの具材と共に盛り付けるだけです。
今回私がトッピングした具材は、
*co•op中華くらげ
*co•opまろやか甘辛キムチ
*co•op肩ロース煮込み焼き豚
*co•opプリッとむきえび
*きゅうり、大葉、トマト、ゆで卵
など家族が大好きなものをいろいろ盛り付けてみました!

Sb220718_02

好きな具材を切ってのせただけですが、栄養満点で見た目も豪華な冷麺があっという間に完成しました。酸っぱすぎないさっぱりとしたスープとそば粉入りの麺がもちもちで、一度食べたらやみつきになる美味しさ♪ でした。火を使わず時短で出来るこの冷麺は、暑い日に絶対おすすめです。是非ぜひコープデリのチラシをチェックしてみてくださいね。
食欲がわかない時でも美味しく食べて、まだまだ続く暑い夏を元気に乗り切りましょう〜(^^)

ママ交流会を開催しました♪~南西ブロック委員会

2022年7月15日(金) 10時~11時 Zoomにて
参加者:7名(組合員2名 理事1名 ブロック委員3名 職員1名)

Zoomの入室もスムーズにでき、時間通りにスタート! 今回は特別ゲストとして、つくばみらいセンター営業リーダーの阿部さんが参加してくださいました。

Swb220718_01

阿部さんから、きらきらBaby&Kidsのカタログのオススメや離乳食を作る際に便利な商品を紹介していただきました。どんどん離乳食も進化しており、ママの負担を減らす工夫がされていてすごく勉強になりました。阿部さんありがとうございました!!

また、離乳食で人気の「国産野菜と豆乳で作った角切り野菜入りホワイトソース」と「九州産小麦使用 やわらかいミニうどん」を理事の食レポ付きで紹介しました。

Swb220718_02

大人の味覚ではどちらもかなり薄味だそうですが、赤ちゃんにとってはとても良い商品だと思いました♪ 商品改良についても意見がいくつか出ました!
・うどんの麺はもう少し短くてもいいのでは?
・ホワイトソースが小分けになっているが、切り込みがないので切り込みがあると、レンチンしやすい。
などなど
試食品の「のりものビスケット」も子どもたちに好評だったようで、私も食べてみましたが、ほんのり甘さがあって美味しかったです。小さいお子様にも食べやすいビスケットでした。

Swb220718_03

ママたちから、おすすめ商品を教えていただけると、知らなかった商品も知ることができ、購入するきっかけになるので良かったという意見もいただいたので、次回のママ交流会でもオススメ商品を紹介していきたいと思います。
今回も楽しくにこやかなムードで交流会ができ、とても良かったです。今後も楽しい交流会を続けていきたいと思います。

Swb220718_04

コープのうち活 夏の疲れは簡単調理で吹き飛ばせ!~東部ブロック委員会

夏休みには親子でおにぎり作り!
〈材料〉
☆ご飯 適宜
☆塩 適宜
☆海苔 適宜
☆具材 好きなもの

〈作り方〉
親子で楽しくにぎるだけ!

Eb220718_01

熱中症予防に少し多めの塩と梅干しが最高ですね!! 親子で美味しいおにぎりを作ってください。

☆アレンジ《子どもに人気の具材》
★細かく切ったベーコンに黒胡椒をふり、ラップで包んでレンチン。マヨ醤油で和える。
★ツナと小さなさいの目に切ったチーズ。それをマヨ味噌で和える。
★白だしに漬けた枝豆とコーン。(これは色が綺麗なのでご飯に混ぜ混ぜ)などなど……

サバの缶詰で作る簡単冷汁
〈材料〉 3〜4人分
☆サバ缶(味噌煮) 1缶
☆生姜 小さじ1
☆味噌 大さじ1〜2
☆すり胡麻 大さじ2
☆白だし 大さじ2
冷水 3カップ

◎お好みの量で
豆腐 キュウリ 大葉 茗荷 他夏野菜

〈作り方〉
1.☆印を全てボウルに入れる。
2.冷水を注ぎながら、サバをほぐし、味噌を溶かす。
3.2のボウルに一口大にカットした豆腐をくわえる。
4.ご飯を盛り3を注ぐ。お好みで◎印をのせて出来上がり!

Eb220718_02

☆うどんや、素麺にかけて食べても美味しいですよ!
☆火を使わないので、暑い時に助かりますね!

2022年7月13日 (水)

(株)トキワのトキワの「酢」「たれ」活用の学習会をしました~西部ブロック委員会

2022年6月28日(火) 10時~11時30分 オンラインにて各自自宅より参加
参加者:10名

今年度、最初の学習会は今の暑い季節にピッタリ!「酢」の活用を学ぶため、(株)トキワの西村さまを講師にお迎えして、オンライン学習会を開催しました。

(株)トキワは兵庫県香美町にあり、なんと創業109年の老舗の調味料を中心とした食品製造会社です。

今回は、「べんりで酢」と「なんでもごたれ」を使った簡単レシピを実演調理を交えての学習会だったので、某テレビ〇分クッキングを見ているようでとても楽しかったです。

Wb220713_01

教えていただいたレシピは、なんにでも合う甘酢だれと、簡単レンチンのエビチリ、オクラとささみのごま和えの3品です。どれも簡単にできておいしそう♪

Wb220713_02

この「べんりで酢」は少し甘めにできていました。酢の酸味を出すのは簡単だけれど、甘さを出すのは難しいとのことで、家庭にある普通の酢を混ぜて自分好みの味にするといいとのことです。
酢やタレなどの保存方法は、冷暗所でも大丈夫ですが、冷蔵庫のほうがより長持ち(約3ヶ月)するとのことでした。
学習会をするにあたり、事前にべんりで酢となんでもごタレのサンプルをいただきました。かんたんトマトサラダのレシピがこちら↓↓↓

Wb220713_03

~参加した方々の感想&おすすめレシピ~
・実演をまじえての調理、とても分かりやすかったです。
・主人が納豆にべんりで酢をかけて、おいしいといって食べていました。餃子にも合いそう。
・ポテトサラダのかくし味として、味に深みがでておいしいです。
・はるさめ、きゅうり、炒り卵にゴマドレッシングと酢をかけて、さっぱりとしたなんちゃって涼拌三絲の出来上がり!
・べんりで酢、めんつゆ、きざみトマト、玉ねぎのみじん切りをまぜて、そうめんのつけだれを作りました。
・ネギみじん切り、しょうゆ、砂糖、酢、しょうが、にんにくを混ぜあわせるだけで何でも合うタレの完成!

Wb220713_04

今回教えていただいた、酢を使ったレシピを参考に、まだまだ暑い季節を乗り越えたいですね♪♪

2022年7月11日 (月)

コープのうち活 おうちで商品学習「CO・OP食塩不使用ミックスナッツ6袋」でおいしいアレンジ「ハニーナッツ」☆彡 ~北部ブロック委員会

「おうちで商品学習」シリーズ第12回です。
コープ商品サイト「ネクストブレイク! CO ・OP商品」から「CO・OP食塩不使用ミックスナッツ6袋」をご紹介します。

ナッツ本来の風味とコクのある味わいが楽しめるミックスナッツ。便利な6pのマルチパック入りで、そのままポリポリ美味しくいただける人気の商品です♪ こちらをさらにおいしくアレンジしてみました。

一袋を、キッチンペーパーの上にあけて、包丁でカット。それを大さじいっぱいのハチミツであえるだけです(^^♪ そのままでもナッツタフィーのようで、おいしい高級スイーツのようにいただけますが、1日おいて味をなじませます。

Nb220711_01

私はこちらを、夏におススメ「CO・OPフローズンヨーグルト」にトッピング!! 牛乳を60%使用した、さっぱりとしたフローズンヨーグルトで、こちらも「ネクストブレイク! CO・OP商品」「こだわりで人気」商品として紹介されています。
さらに「Organic有機栽培ブルーベリー」(冷凍)をトッピングして。さっぱり味のフローズンヨーグルトにナッツのカリカリ食感とハチミツとナッツのコクと、ブルーベリーの酸味が加わって、おしゃれで贅沢なデザートの出来上がり(#^^#)

Nb220711_02

それぞれ、単品でもおいしい商品です。ハニーナッツはトーストにもよく合いますよ!

「ネクストブレイク! CO・OP商品」サイトでは、ほかにもたくさんの商品をご案内しています。一度チェックしてみてくださいね。

「ネクストブレイク! CO・OP商品」→https://goods.jccu.coop/koe/nextbreak/

2022年7月 7日 (木)

「小川珈琲(株)オンライン学習会」を開催しました ~南部ブロック委員会

2022年6月21日(火) 10時~11時45分 Zoomにて
参加者:19名(組合員17名 ブロック委員2名)

小川珈琲(株)の梅本さまを講師にお迎えし、オンライン学習会を開催しました。皆さまご存知「小川珈琲」のオンライン学習会とあって、満員御礼のご応募をいただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

「おいしいコーヒーの淹れ方教室」ということでしたが、私たちもミニコーヒー博士になれるのではないか!? と思うくらい、コーヒー愛に溢れた丁寧なお話でした。

Sb2207073_01

まずは、「農産物」としてのコーヒー豆のお話。コーヒー豆は、コーヒーとは似ても似つかない「コーヒーチェリー」というさくらんぼのような赤い実の種子だったのです! 詳しい図とともに解説されていたので、なんだか目からウロコでした!
コーヒーベルトと呼ばれる赤道を中心とした国々で生産されるコーヒー豆。生産量1位を誇るのはブラジルなんだそうです。ちなみに、消費量1位の国がノルウェーというのは驚きでした。

赤道から航海してきた生豆を、日本の港に到着した時点で味覚テストを実施。そのテストに合格した豆だけを使用しているのだとか。厳選された豆を、いいとこどりでミックスしたものがブレンドコーヒーになっているのです。小川珈琲のこだわりが伝わってきますね 。

Sb2207073_02

最後にコーヒーの美味しい抽出方法や豆の保存方法についても細かな点まで解説して下さり、文字通りお腹いっぱいの内容となりました。
こだわりの小川珈琲の商品はコープデリや、コープの店舗でも購入できるので、早速購入してみようと思います。ほっと一息コーヒーライフが、さらに楽しみになるオンライン学習会でした。

Sb2207073_03

〈参加者の皆さまの感想(一部抜粋)〉
・美味しい淹れ方だけでなく、コーヒーができるまでを知ることができて面白かったです。
・抽出方法の実演は、オンラインだからこそ手元がよく見えて分かりやすかったです。
・独自の生豆選びや持続可能な開発目標により環境や人を大切にしていることなど小川珈琲というブランディングを感じました。
・とても役に立つ内容で目から鱗でした。これからも、私たちがこの地球環境で素晴らしいコーヒーがいただけることを願って。ありがとうございました。
・コーヒーについて知らないことが沢山で、とても勉強になりました。今後、コーヒーの淹れ方の豆バージョンの説明があるといいなと思いました。

コープのうち活 藤代センター限定♪ みずみずしい! 甘くて美味しい「今朝採りとうもろこし」~南部ブロック委員会

藤代センターで毎年企画されている「今朝採りとうもろこし」が届きました!! 一秒でも早く調理です(*⌒∇⌒*) 色々な調理方法がありますが、私の試した方法をご紹介します。味を後から付ける方法で、素材の水分が抜けにくいというメリットがありますよ♪

Sb2207072_01

《用意するもの》
とうもろこし 2本



《作り方》
1.緑色の皮をはがしていき、2枚程度皮を残したまま、水をかけて濡らします。
2.1のとうもろこしをラップで包みます。レンジに入れて、600wで4分10秒(500wなら5分)温めます。やけどに注意して取り出し、皮をむきます。
3.水200㏄に塩を小さじ1杯の割合で溶かした液に10分程浸けて、味を付けたら出来上がり!

☆2本同時にレンジに入れる時は、時間を2倍にしてくださいね。私は早く食べたかったので、1本ずつ調理しました(笑)

その日に採れたとうもろこしはみずみずしくて、食べると甘味が口の中でプチュッと弾けました! まさに旬の味! 皆様も、春夏秋冬それぞれの季節の味をお楽しみくださいね♪

コープのうち活 簡単!! 夏野菜☆ズッキーニを美味しく食べよう~南部ブロック委員会

毎日暑くて、キッチンでお料理するのも大変ですが、夏バテ予防にしっかり旬のお野菜を体に取り入れて元気に過ごしたいですよね~。
夏野菜は色々ありますが、最近はまっているのが、ズッキーニ。グリーンBOXでも先日入ってきました~! 美味しそうだなぁ! どうやって食べようかなぁ? と知人に食べ方を聞いたところ……、糠漬けが美味しいよ! と言われてさっそく「CO・OPの熟成糠床パック」を購入。
さっと水洗いして、ヘタを切り落とし、縦半分に切ってから糠床に埋めて約1日半。程よく浸かったズッキーニの糠漬けが出来上がりました。キュウリよりもしっかりした歯ごたえ、新しい発見! でした。

Sb220707_01

さてさて、ズッキーニでもう一品。油と相性がいいので、天ぷらにしてみました。
5ミリくらいの厚さで斜め切り、天ぷら衣を付けて、熱した油に投入! そのままでも食べられる食材なので、あっという間に揚がり、調理は短時間で済みました。ついでに、冷凍オクラも衣を付けて天ぷらに。

Sb220707_02

ズッキーニは、見た目ナスの天ぷらのように見えますが、油を吸収しないのでサクッサクッとした仕上がりと食感。オクラは、食べると粘りがあり、体に良さそう!
夏の暑さで、食欲が落ちてしまいがちですが、ちょっとした工夫で食感を楽しみ、しっかり食べて夏バテにならない体を作りましょう!

CO・OPキッチン用ポリ袋(厚手タイプ)を使って真空調理♪~南央ブロック委員会

CO・OPキッチン用ポリ袋は、どの家庭でも常備されてる商品かと思います。でも……あれ? いつもの箱と色が違うヾ(・д・`;)
普段皆さんが目にしてるのはピンク色のパッケージですよね? 今回皆さんにご紹介するのは、黄色いパッケージの厚手タイプで、耐熱温度110℃の湯せん調理可能な優れもの。これがあれば、真空調理が簡単にできます♫ マチが広くて入れやすく、エンボス加工で開けやすい使い勝手も抜群なポリ袋です。こちらは、宅配カタログ「ハピ・デリ!」で購入することができます(^^)

Scb220707_01

早速こちらのポリ袋を使っての真空調理レシピをご紹介します。
ポリ袋を使って調理すると、栄養素をほとんど逃さず、ノンオイルでも美味しく仕上がり、調味料が少量でもうまみが充分でているので減塩効果も期待出来ます♫ また、後片付けも楽チン。いいこと尽くしですね。

まずはポリ袋調理の基本はこちら(^-^)/
1.深めの鍋にお湯を沸かし、鍋底にお皿を置き、袋破れを防ぐ。
2.具材を調味料と一緒にポリ袋に入れ、空気を入れて振りながら全体を混ぜ合わせる。
3.水を張ったボウルにポリ袋を入れ、水圧で袋の中の空気を抜き、袋の口をくるくる巻いてねじり上の方を縛り真空状態にする。
4.袋は材料に均一に火が通るように、できるだけ平たくする。
5.沸騰させた鍋をとろ火にし、ポリ袋を入れる。(複数でも○)
注意:鍋のフチから袋が出ていると、溶けてしまう危険性があるので、袋の口までしっかり鍋の中に入れます。また、吹きこぼれの原因になるので、ふたはしないでください。

今回は、私のお気に入りのポリ袋調理レシピをご紹介します。
~著者 川平秀一氏『油を使わずヘルシー調理! ポリ袋レシピ』より~

❤︎煮込みハンバーグ❤︎
加熱時間20分
材料(2人分)
〈具材〉
合い挽き肉 200g
玉ねぎ 1/2個
卵 1個
パン粉 1/2カップ

〈調味料〉
デミグラスソース 1/2缶
ケチャップ 大さじ1

1.具材を混ぜ、ハンバーグの形に整える。
2.ポリ袋に形成した具材と調味料を入れる。

❤︎具だくさんミネストローネ❤︎
加熱時間15分
材料(2人分)
〈具材〉
ウインナー 4本
トマト 1個
じゃがいも 1個
にんじん 2cm
玉ねぎ 1/2個

〈調味料〉
ブイヨン 1個
塩こしょう 各少々
ローズマリー 1枚
湯 1カップ

1.具材を薄くスライスする。
2.ポリ袋の具材と調味料と湯を入れる。

Scb220707_02

❤︎サラダチキン❤︎
加熱時間20分
材料
〈具材〉
鶏胸肉 1枚

〈調味料〉
お酒 大さじ1
塩こしょう 少々

1.胸肉の皮を剥ぎ取り、数ヶ所フォークで穴を開ける。
2.ポリ袋に具材と調味料を入れる。
※今回は棒々鶏にしてみました♫

Scb220707_03

手軽でヘルシー、時短にもなります。また、災害時にも大活躍する調理法です。ぜひCO・OPキッチン用ポリ袋(厚手タイプ)でお試しください。

2022年7月 6日 (水)

減災教室を行いました!

2022年6月24日(金) 10時30分~11時50分 城里町石塚小学校体育にて
参加者:4年生69名と保護者61名

いばらきコープでは、災害に対して「防災」ではなく「減災」という考え方をしています。地震、津波、台風、洪水などの自然災害は人間の力では防ぐことができません。しかし、「備えること」「知っていること」で被害を減らすことができます。これが減災です。

Gnsi220706_01

今回は、石塚小学校4学年の親子学習に呼んでいただきました。減災サポーターさん3名、組合員理事1名、職員1名で行ってきました。
最初に、「コーブの減災 基本のキ」ということで、災害に対して備えておきたいことについて学んでいただきました。まずは、「自分の命は自分で守る」ことが大切です。そして、いざという時のためにできる備えについて、クイズを出しながら参加した児童と保護者の方に考えていただきました。

Gnsi220706_02

Gnsi220706_03

次に、新聞紙でスリッパ作りを行いました。親子で協力して作ることができました。

Gnsi220706_04

Gnsi220706_05

最後に、「減災deビンゴゲーム」をしました。ビンゴで出た数字の問題の答えを考えることで、備えることを身につけていただきました。

◆参加者の感想
〈保護者〉
・防災の大切さを改めて実感しました。自分や家族の命を守るためにもしっかりと備えていきたいと思いました
・備えておくことの大切さを子どもと一緒に学ぶことができて良かったと思います。家でもみんなで考えたいと思います。
・突然起こる自然災害のために、備えるものや備えることがよく分かってとても良かったです。
・今回の教室を機に、家庭でも災害時の避難場所や 食料の備えについて話し合いたいと思いました
・いつも通り日常を過ごしていると災害にあった時のことを忘れてしまうので、今日の減災教室に参加し改めて考えるきっかけができました。

〈児童〉
・新聞紙でスリッパ作りもかんたんでした。この話をもとに、ちゃんとじしんのそなえをしようと思いました。
・さいがいが起きたときに、どのようなものが必要なのか勉強になりました。
・スリッパ作りやビンゴゲーム、クイズが楽しかった。
・さいがいがふせげなくても、みのまわりにあるものを使って少しでも命をまもることができるのがわかった。
・ひじょうじのときにもっていくものや大事なものがわかって、参加して良かったと思います。
・自分の命を守る大切さが、よく分かりました。
・ひじょう食をじゅんびしておくことが大切だと思いました。

◆今回は、コロナ禍に入ってから久々の教室でした。体育館で親子同士の間隔をとっていただき、無事に終えることができてほっとしました。
災害は、いつ、どこにいても、どんな時でも起こる可能性があります。いざという時のために、しっかり備えておきたいものです。今後もいばらきコーブでは、学校や地域で「減災教室」を行い、多くの方に備えることを広めていきたいと思います。

「くらしの助け合いの会第17回全体交流会」を開催しました。

2022年6月23日(木) 10時~11時40分 いばらきコーブ本部会議室及びオンライン(zoom)
参加者:一般参加者17名 コーディネーター11名 組合員理事・職員2名

Krs220706_01

◆くらしの助け合いの会では毎年この時期に「全体交流会」を開催し、午前中は学習会、午後からはグループ交流会を行っていましたが 、コロナ禍の為昨年に引き続き、特別プログラムで学習会のみを開催することになりました。
会場にはくらしの助け合いの会のコーディネーター、オンラインでは一般組合員、これまで交流を重ねてきたコーブぐんまのくらしの助け合いの会、パルシステム茨城 栃木の方々にもご参加いただきました。

Krs220706_02

初めに主催者を代表して、くらしの助け合いの会のコーディネーターの小川さんからご挨拶をいただきました。(くらしの助け合いの会は、1993年に水戸市で発足しました。)

Krs220706_03

◆学習会では、講師にキャンナス水戸の根本美希様をお迎えし、「ほっとけないがほっとする地域をつくる~知っておきたい介護制度の話~」というテーマで講義をしていただきました。

◆主な学習の内容
・超高齢社会に突入した日本では、2035年には3人に1人が65歳になると予想される。社会全体で高齢者と家族を支える仕組みとして介護保険制度が誕生した。
・超高齢社会における問題として、年金、医療、介護、子育て支援などの社会保障費が増え続けていること、若者人口の減少により労働力人口も減少していること、核家族化や共働き、所得格差により家族の介護負担が増えていることがあげられる。住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けるために、地域包括ケアシステムが必要とされる。
・くらしの助け合いの会の活動はどこまでが範囲? これは介護保険の対象になるのでは? 
・どのように行政とつないであげればいいのか?
・高齢者特有(特に認知症)の行動や反応に対してどのような心構えで臨めばいいのか? 対応するときに留意すべき事柄は何か?
上記のような不安や疑問については、実例を交えながら教えていただきました。

◆質疑応答など
・認知症の方への対応の仕方についての質問が出され、具体的に会話をしながら学ぶことができました。

◆参加者の感想
・認知症の人に対する言動に対して特別な思いや知識を持つことよりも、人としての「優しさ」を持って接するということだった。当たり前のことなのに、見落としていました。
・今後の介護保険のインフォーマルなサービスが重要になってくるとのお話に共感を覚えた。地域共生社会の実現は私のテーマでもあるので、とても参考になりました。
・ホームヘルパーと助け合い活動の違いが具体的に聞けてよかったです。
・これからもとても助け合い活動が必要なんだと感じたので、活動を頑張っていこうと思いました。

Krs220706_04

◆今回の学習会では、超高齢化社会を生きることについて考える機会となった方が多かったように思います。また、くらしの助け合いの活動の大切さを再認識したとのことなので、今後の活動に活かされることを願います。

タニサケオンライン学習会を開催しました。~東部ブロック委員会

2022年6月20日(月) 10時〜11時 zoom
参加人数:11名(組合員9名 ブロック委員2名)

タニサケの釜本さんを講師に迎え、季節柄どこのご家庭でも悩みの種の「G」ことゴキブリについて学習しました。ユーモアを交え分かりやすく説明していただいたので、あっという間の1時間でした。時々出てくるゴキブリの写真をイラストでガードして、私たち参加者に配慮していただいたのはありがたかったです(笑)

ゴキブリとはなるべく、いや絶対に遭遇したくありません。なのでゴキブリキャップを使うことで、ほとんど姿を見ずに退治できるとは本当にうれしい限りです。
どんなに清潔にしても、ゴキブリがいる限り雑菌をばらまかれ、食中毒、腸チフス、赤痢、小児麻痺、化膿症の感染源になるそうです。そしてダニと同様、ぜんそく症状を引き起こすアレルゲンとなるのも驚きでした。これからもゴキブリキャップにお世話になり続けたいと思います!

参加者の方からは、会社の歴史や、安全性や、確実な効果や……何より……日々真剣に皆さんの取り組む姿を感じとれました。
タニサケさんには鎮魂碑があり、毎年6月4日を虫の日として、全社員で虫供養をするそうです。ゴキブリに対する愛情を感じて、ますますタニサケさんのファンになりました。などの感想をいただきました。

Eb220706_01

2022年7月 4日 (月)

(株)海産物のきむらや「もずく」学習会を開催しました☆彡~北部ブロック委員会

2022年6月22日(水) オンライン(Zoom)にて各自自宅より参加
参加者:14名(組合員10名 ブロック委員3名 職員1名)

コープデリグループの、持続可能な社会に向けての「4つのプロジェクト」。今回はその中の「美ら島応援もずくプロジェクト」の沖縄県伊平屋島産「もずく」を加工している、(株)海産物のきむらや 営業部竹本様を講師にお招きし学習会を開催しました。

映像を見ながら、品質管理の徹底、「もずく」の種類や栄養について学んだあと、養殖の様子の動画を見せていただきました。養殖の作業はほとんどが海の中。実際に海の中にもぐって作業をしている様子を見て作業の大変さがわかりました。動画の途中には「うみがめ」が訪問してくれた様子も映っていて、きれいな海の映像とともに視聴していてとても癒されました。

Nb220704_01

参加者から、島での生活や生産者の後継者問題、養殖作業の安全管理など、幅広くたくさんの質問が挙がりました。講師の竹本様が一つずつ丁寧に回答していただいたのでより学習が深まりました。ありがとうございました。

Nb220704_02

こちらがプロジェクト対象商品になります。

Nb220704_03

詳しくは、「美ら島応援もずくプロジェクト」HPをご参照ください。
https://sustainability.coopdeli.coop/four-project-mozuku.html

~参加した感想~
・「もずく」の養殖方法を初めて知りました。動画での説明がわかりやすかった。
・海の水質や砂、太陽の光すべての条件がそろわないと育たないということを知り、おいしいもずくが食べられることに感謝と、一人ひとりが地球環境のことを考え大切にしないといけないと思った。
・プロジェクトを通して、「買って、食べて、応援」で参加できていることがうれしく思った。
・「味付けもずく」、「伊平屋島産もずく(味なし)」それぞれのアレンジレシピが聞けて良かった。
・調味料まで自社で作っていたり、「抗がん剤副作用抑制剤」として特許取得されていることを知って驚いた。
・島の方のおおらかさも教えていただき、これからは商品を通して海の様子や島の様子をより身近に感じられそう。

ピースアクションinヒロシマ

     Ws000001
1.ピースアクションinヒロシマについて
(1)日本生協連と広島県生協連は、被爆体験の継承や核兵器のない世界への想いを共有する場として毎年「ピースアクションinヒロシマ」を開催しています。 コロナ禍のため今年もオンラインで開催されます。
            ▽特設ページはこちら▽
            https://peace.jccu.coop/2022hiroshimanagasaki
           Ade2af4c554183a1c4f8b5cda9c07bc2ac03b71f
開催後も特設ページより見逃し配信を視聴いただけます
 
 
(2)いばらきコープでは8月のピースアクションinヒロシマのオンライン配信を視聴することで平和について考え、その大切さを子どもたちに伝える機会として取り組みます。
 
 
2.配信の概要
(1)日時:8月4日(木) 14:00~15:00、16:30~17:30
      8月5日(金) 9:30~11:00、13:30~15:40
      当日特設サイト上の入口からオンライン参加いただけます(事前登録不要)
(2)内容
  8月4日(木)①【被爆の証言】お話:山田 寿美子さん
          ② 被爆体験詩の朗読会 朗読:劇団ふらっと
  8月5日(金)① テクノロジーでつながる平和活動 東京大学 渡邉研究室 
          ②【虹のひろば】
              【オープニング】クラリネットアンサンブル
              【来賓ご挨拶】広島・長崎市長
              【被爆体験の証言】山元 定男さん
              【絵画作品の紹介】広島市立基町高等学校
              【大書パフォーマンス】安田女子大学書道学科
              【NPT再検討会議】アメリカより進捗ご報告
              【平和企画検討会】活動報告
              【フィナーレ】虹のコーラス
 
           ※コメント欄に視聴した感想をお願いします。

2022年7月 3日 (日)

ピースアクションinナガサキ

     Ws000001
1.ピースアクションinナガサキについて
(1)日本生協連と長崎県生協連は、被爆体験の継承や核兵器のない世界への想いを共有する場として毎年「ピースアクションinナガサキ」を開催しています。コロナ禍のため今年もオンラインで開催されます。
            ▽特設ページはこちら▽
            https://peace.jccu.coop/2022hiroshimanagasaki
           Ade2af4c554183a1c4f8b5cda9c07bc2ac03b71f
開催後も特設ページより見逃し配信を視聴いただけます
 
 
  
(2)いばらきコープでは8月のピースアクションinナガサキのオンライン配信を視聴することで平和について考え、その大切さを子どもたちに伝える機会として取り組みます。
2.配信の概要
(1)日時:8月7日(日) 14:30~15:30、17:00~18:10
      8月8日(月) 10:30~11:00、13:30~16:00
      当日特設サイト上の入口からオンライン参加いただけます(事前登録不要)
(2)内容
      8月7日(日)① 被爆の証言「平和の紙芝居」
                 お話:三田村 静子さん 「じいちゃんとその足どげんしたと」
               ②【被爆の証言】 お話:山川 剛さん
      8月8日(月)①【被爆体験記朗読会】 朗読:永遠(とわ)の会
              ②【虹のひろば】 
                  【オープニング】瓊浦高校 和太鼓演奏
                  【講演】長崎大学 核兵器廃絶研究センター 
                       中村 桂子 准教授
                  【NPT再検討会議】アメリカより進捗ご報告
                  【平和企画検討会】活動報告
                  【活動報告】高校生平和大使  
                  【アピール文発表】子ども平和会議
                  【ご挨拶】被災協 田中 重光 会長
                  【フィナーレ】被爆者歌う会「ひまわり」
 
            ※コメント欄に視聴した感想をお願いします。    

2022年7月 1日 (金)

2022 ピースアクションin夏

「核をめぐる現状と私たちの課題」オンライン学習会~私たちがむかうべき未来~

2022年6月、核兵器禁止条約第1回締結国際会議が開催され、条約履行への具体的方策を示した「ウィーク宣言」・「ウィーク行動計画」が採択されました。そして8月にNPT(核不拡散条約)再検討会議がアメリカニューヨーク国連本部で予定されています。
改めて、核兵器をめぐる世界的情勢やNPT(核不拡散条約)再検討会議について学習をし、私たち一人ひとりが、今後の進むべき方向や活動について考えるオンライン講演会を開催します。

日時:2022年9月3日(土) 10:30~12:00(開場10:00)
ツール:Zoomによるオンライン開催
参加対象:会員及び関係団体の役職員・組合員
募集人数:100人(※100名になり次第申込受付は中止とさせていただきます)
参加費 :無料
主催:ピースアクション実行委員会(JA中央会、いばらきコープ、パルシステム茨城 栃木、茨城県生協連)

講演
学習テーマ:「核をめぐる現状と私たちの課題」
講師:長崎大学核兵器廃絶研究センター准教授 中村 桂子様

開催後こちらより見逃し配信を視聴いただけます。
https://youtu.be/KB_Wqybe0bY

【お問合せ】茨城県生活協同組合連合会 029-226-8487 担当:根本・井坂

※コメント欄に視聴した感想をお願いします。

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索