02 北西ブロック

2022年9月 9日 (金)

夏休み応援企画 ハッピーミルクプロジェクトオンライン学習会〜北西ブロック委員会

2022年8月26日 オンライン(Zoom)にて自宅より参加
参加者:25名(組合員17名 ブロック委員7名 理事1名)

コープデリ連合会サステナビリティ推進部 西彩花さんを講師にお迎えして、夏休み応援企画ハッピーミルクプロジェクトオンライン学習会を開催しました。

まず最初に、自分達の身近な生活を知ろうと言うことで世界で起きている飢餓や貧困の状況を聞きました。
世界の人口は78億7500万人で、そのうち飢餓の影響を受けているのは8億2800万人だそうです。人口増加に比例して、飢餓の数も増えていて、中でもアフリカの地域は慢性的飢餓の割合が高いとの事から、2008年にその地域を支援するプロジェクトがスタートしました。現在は、コートジボワール共和国を支援しています。

Nwb220909_01

そこで問題です。コートジボワールはどこにあるでしょう? 国土は日本とどっちが大きいでしょう? その国の食べ物はどれでしょう? など、遠いアフリカの国を身近に感じるクイズが出てきて、お子さんたちはとても楽しそうに参加していました。

Nwb220909_02

そして、このプロジェクトのメインテーマのco•op牛乳を買うごとに、その売上げの一部がアフリカの食糧支援の寄付につながっているお話を聞きました。寄付されたお金は、栄養補助食品を作る施設を作ったり、子どもたちの健診や治療を行う保健センターの役割を持つコミュニティ栄養センターを増やす支援、職員の育成の活動に充てられているそうです。
子どもの飢餓は、自然災害や紛争が原因なのはもちろんですが、主な原因は昔からの風習などで「母乳を飲ませるのは体に良くない」などの間違った知識から、赤ちゃんに十分な栄養を与えられていない栄養不良です。
そこで、正しい知識に導くために字が読めなくても理解出来るように、紙芝居や歌を歌ったり、離乳食をみんなで作ったりして知識を身につけるお手伝いをしているそうです。

Nwb220909_03

また、日本の母子手帳のようなものをもとに栄養チェックが行われていて、栄養不良の早期発見と早期治療が行われているそうです。
実際に使われている赤ちゃんの栄養状態を知る専用のメジャーを見せてもらいました。栄養が十分に足りていない赤ちゃんの二の腕は約12cm以下でペーパータオルの芯よりも細く、実際に、各自で家にあるメジャーを使って腕の太さを測りその違いを体感しました。

Nwb220909_04

私たちが買っている牛乳がこのような事に使われているなんて凄いことですよね。今回は、夏休み企画という事で、子ども向けのプログラムで講義をしていただきましたが、私たち大人が聞いてもとてもわかりやすい内容で楽しく学ぶことが出来ました。それでも小さいお子さんには、ちょっと難しい言葉や内容もありましたが、co•op牛乳のパックを見て、今日のハッピーミルクプロジェクトのお話やコートジボワールを思い出してもらえるといいなと思います。

後半は、co•op牛乳の空きパックを使ったランタン作りを行いました。初のオンライン上での工作教室でしたが、パワーポイントソフトを利用して工程の画像を画面に写して、それを見ながら自由に作ってもらいました。皆さんとても熱心に取り組んでくれて、予定の時間が足りないほどの集中力でした。
最後は、思い思いのステキな作品と一緒に記念撮影。とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

Nwb220909_05

《参加者の感想》
・プロジェクトの内容をより深く知ることができました。
・モノを支援するだけでなく施設や知識も提供して持続性効果のあるものだとわかって、より有意義な活動だということを知りました。
・飢餓の状態を数値化したり、食料不足に困っている子どもの割合を教室での人数に例えるなどとてもわかりやすかったです。
・牛乳を買うことで少しでも役に立ちたい気持ちが強くなりました。

皆さんも「牛乳を買って応援。飲んで応援。食べて応援しましょう!」

2022年8月23日 (火)

「夏休み親子企画 カルビー清原工場オンライン見学」開催しました♫~北部・北西ブロック委員会共催

2022年8月8日(火) オンライン(Zoom)にて
参加者:20家族48名(理事2名 ブロック委員2名 組合員19名 子ども24名 職員1名)

北部・北西ブロック委員会共催〜夏休み親子企画〜「カルビー清原工場オンライン見学」を開催しました。
栃木県宇都宮市にあるカルビー清原工場から、進行担当の阿久津さん、中継担当の関口さん、上野さん、早川さん、田中さんに参加いただきました。

カルビー清原工場は、シリアルの「フルグラ」と「かっぱえびせん」を製造していて、国内最大のシリアル製造拠点との事です。そして、フルグラを1日に約190,000袋も全国各地に出荷しているそうです!

工場へ入る際の衛生管理も1.靴の洗浄→2.クリーンローラーで服の埃などをとる→3.手を洗う(映像にて、爪ブラシを使い、20秒間タイマーがあり、しっかり洗っていました!)→4.手の乾燥→5.アルコール消毒→6.エアーシャワー→7.最後にもう一度クリーンローラーをかける! と、かなり徹底していて、6、7の工程は現場での中継で説明していただき、ここまできちんとしているのを見て、とても安心しました。

また、フルグラの工程も最初にスライドショーで説明してくださり、その工程を中継で映していただきました。工場の音も聞こえて、焼き上がったフルグラを画面いっぱいに映していただきました。厚みも2〜3cmぐらいで、温かさもほかほか温かい! との説明で、焼きたてのフルグラを食べたい! と思ってしまうほど、画面に釘付けになりました♪

さらに、夏休み特別企画という事で、参加者全員に「フルグラ50g」の試食品を前もって送っていただいたので、その袋を開けて、フルグラに入っているフルーツを探す体験も行いました♪ りんごとパパイヤは、ヒントで色や形などを教えていただきましたがちょっと難しかったです。親子で一生懸命探してくれていたと思います(^^)

Nbnwb220823_01

Nbnwb220823_02

お子さんがフルグラのフルーツ探してくれています♪

見学が終わった後は、質問タイムです! 最初は手が上がらながったのですが、1人の方が、フルグラのフルーツを探すのがとても楽しかった♪ と感想を言っていただいたので、そこからたくさん手が挙がりました。

Q:フルグラに入っているりんごなどはどのように加工されているのか?
A:海外の加工されたものを使用しています。新鮮なうちにとれたフルーツは水分も抜いて、すぐにフリーズドライして、工場に送られてきます。甘いものと酸っぱいものをバランス良く入れています。

Q:フルグラの美味しい食べ方を教えてください。
A:牛乳、ヨーグルトにかけるのが主流ですが、夏場は、ヨーグルトを凍らせて、フローズンヨーグルトと一緒に食べたり、アイスと一緒に食べるのもおすすめです。皮付きりんごをすりおろして、フルグラにかけて食べるもの美味しいですし、カレーにかけて食べるのも美味しいですよ。

Q:カルビーの名前の由来を教えてください。
A:戦後間もない時に創立者松尾孝社長が栄養学士から2つの栄養素が足りない! それは、カルシウムとビタミンB1と聞き、それを補えるお菓子作りを始めたとの事です。そして、その頭の文字をとって、カルビーと名づけました。

今まで知らなかった事や美味しい食べ方なども分かりました!

最後に、全員で写真を撮り、工場見学終了です。皆さま、とても良い笑顔で、親子で楽しまれた様子が分かります(^^)

Nbnwb220823_03

〈感想〉
・夏休みにコロナの感染が拡大して帰省も諦め、お出かけもほとんど出来ないので、子どもたちに楽しい経験をさせてあげられて良かったです。子どもたちは試食でフルグラにはまって、買ってきてと言われて早速買ってきました。工事見学で実際に行っても、上からガラス越しにとかが多いので近くで見れるのはオンラインならではで良かったと思いました。
・自宅で気軽に貴重な体験ができて、素敵な夏休みの思い出になりました。リアルタイムで工場内を見学できる機会がなかったので、子どもたちも興味津々で見学していました。製造ができるまでの工程や発送する過程を見て、自分達の手に製品が届くまでどれだけの人の手や機会が関わっているのか理解できたと思います。途中でクイズもあり子どもたちを飽きさせない工夫もされていて、子どもたちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。フルグラの中身をまじまじと見る機会がなかったので、大人も楽しめました。
・次回は直接工場に行き見学してみたいです。そして作りたてのフルグラを試食してみたいです。
など、たくさんの感想をいただきました。

2022年8月11日 (木)

おうちdeほぺたんひろば7月 アンケート報告〜北西ブロック委員会

今年度のおうちdeほぺたんひろばは、各回ごとに担当を決め、商品選定、資料の作成、商品の発注などの準備をし進めて行きます。7月のおうちdeほぺたん登録者数は66名になります。

7月は長く愛されるロングセラー商品「CO・OPぴよっちサブレ8枚」とパッケージとネーミングが気になる商品「CO・OP野菜たっぷり魔法のクリーミィソーズ」の2点を送らせていただきました。

Nwb220811_01

Nwb220811_02

ぴよっちサブレの感想
・見た目や形が可愛い。
・国産小麦100%、防腐剤や香料を使わずシンプルな味で子どもや孫に安心して食べさせられる。
・優しくてなつかしい味で家族のお気に入りです。
・内袋のデザインやメッセージも可愛くて、楽しみながら食べられておやつにピッタリ。

野菜たっぷり魔法のクリーミィソースの感想
・初めて食べましたが、玉ねぎの風味がよく美味しかった。
・料理の味付けに使えて便利です。
・ちょうど良いサイズでした。
・注ぎ口が広くて、出にくいことがなく、液ダレもせず使いやすい設計なところもポイントが高かったです。

どちらの商品もアンケートを集計し、高評価をいただきました。(アンケート回答数61名)

Nwb220811_03

ただ、改良点もありました。ぴよっちサブレに関しては、ほろっとサクサクの食感が魅力でたくさんの嬉しいコメントありましたが、反面、子どもさんが食べる時はボロボロとこぼしてしまったり、お届けした際に既に割れていたというご意見もありました。貴重なご意見をいただきありがとうございました。

今回みなさまからのアンケートのコメントを読んでいて印象的だったのは「懐かしい……」というコメントでした。お子様やお孫さまが幼かった時大好きでよく購入していたというコメントが多数ありました。改めてぴよっちサブレが長く愛されている商品であることを実感しました。
※購入情報……8月2回目/3回目販売確定です。以降も毎週販売予定です。

魔法のクリーミィソースに関してもたくさんのご意見をいただきました。私自身も気になっていた商品でしたが、皆さんからのコメントからも初めて試す商品です。
気になっていました。ドレッシングなの? タルタルソーズなの? と、商品の名前やパッケージを見て想像を膨らませながらお試しいただいた様子が感じられました。チーズ風味が好きな方、逆に苦手な方、思ったよりも、くどくなくクリーミィだというご意見や、お子様が気に入って一気に半分くらい使ってしまったという楽しいコメントもありました。
新しい商品や味に興味を持ってお試しいただきありがとうございました。

最後に魔法のクリーミィソースの活用法からおすすめの食べ方をご紹介します。

《サラダ/温野菜/グリル野菜》
コブサラダ、サラダパスタ、トマト、レタス、きゅうりを乗せたサラダうどん、冷凍エビとレタス、オクラ、貝割れ大根、パプリカ、キャベツと色々なサラダをお試しいただきました〜

《その他》
・ポテトサラダ
・フライドポテト
・マッシュポテト
・パスタソース(夏野菜、なす、ズッキーニ、ベーコンがおすすめ)
・チキンソテー(皮目を下にして油を使わずにパリパリに焼いた鶏肉に)
・フライ(タルタルソースがわり・白身魚に)
・蒸し鶏(ささみ、胸肉使用し棒棒鶏風に)
・鶏ハムを入れた生春巻きのソースとして
・CO・OP商品「砂肝とポテト・インゲンのピリ辛炒め」にかける
・サンドイッチ(キャベツの千切りにクリーミィソースを和えてハムを挟む)

《気になる活用法を作ってみました〜》
ハンバーグの中に魔法のクリーミィソースを使ったポテトサラダを入れる
❤︎野菜が同時に取れて、ボリュームもあるので高校生女子に大好評でした。

Nwb220811_04

☆たくさん「魔法のクリーミィソース」を活用していただきありがとうございました☆
※購入情報……8月2回目/9月2回目でご注文いただけます。

次回の北西ブロック委員会からのおうちdeほぺたんひろばの商品は9月にお届けします。何が届くかお楽しみに(^^)

2022年8月10日 (水)

おうちdeリフレッシュヨガ 初の運動系オンライン学習会で心身ともにリフレッシュしました〜北西ブロック委員会

2022年7月15日(金) 10時〜11時30分
参加者:組合員5名(お子さま1名含む)北西ブロック委員8名 合計13名

北西ブロック委員会初の運動系オンライン学習おうちdeリフレッシュヨガを開催しました。講師はひたちなか市にお住まいの鈴木恵美子さんにお願いしました。
最初の自己紹介では、鈴木さんがヨガを始めるきっかけになった、ファインという託児付きカルチャー教室の話があり、後の交流会ではファイン経験者が続々と……現役の子育てど真ん中のママさんからは活動内容の質問まで出ました。(ファインとはひたちなか市を中心に活動するベビーシッターグループ。1998年からママが安心して受講できる託児付きカルチャー教室を開催していましたが、コロナ感染予防のため2020年3月末に22年の活動を終了しました。)
現在のファインさんは託児業務のみでカルチャー教室は無くなってしまったそうです。働くママが増え、幼稚園には預かりのお子さんが溢れているそうです。私の15年〜20年前の子育て環境から変わってしまった様子で少し残念に思いましたが、いばらきコープのブロック委員会で同様な活動を求められているようなワクワク感も感じました。

ヨガは最初、鈴木さんのヨガ体験話から始まり、呼吸を少しづつ整えていきました。
すって〜吐いて〜と鈴木さんの穏やかで的確な言葉に癒されながらポーズは少しづつ大きくなっていきます。座ってのヨガポーズをお願いしたので、家事の合間やテレビを見ながらも取り入れられると好評でした。

〈おすすめのポーズ〉〜キャットアンドカウ〜

Nwb220810_01

背骨や肩甲骨周りのストレッチ効果、腰回りの筋肉をほぐしてくれるほか腹筋や背筋のインナーマッスル強化が期待できます。

Nwb220810_02

ヨガのポーズにはそれぞれ身体のどこを意識して、どの呼吸の時に静止するなど、自分自身をスキャンするようなイメージを持つといいようです。ちょっと頭の体操的な要素もあり、困惑する部分でもありますが、まずは自分に意識を向けて間違っていればそれを受け止めて認める。自然に動けたらより呼吸を深めて大きく動いていく……ヨガの魅力は、柔軟性と筋力の両方が鍛えられるということもありますが、自分自身を見つめ、好きになる、そして信頼する……そんなところにあるようです。

最後はクールダウン(私が一番好きな時間)
大の字で寝て、身体、顔、心もリラックスしてマットに全部を預ける感じで5分間過ごします。何も考えない、どこも力を入れないそんな時間です。

Nwb220810_03

1時間のヨガが終了して参加した方と講師の鈴木さんも交えて交流会を行いました。直接ヨガを指導していただいた方に質問する機会ってあまりないですよね。これこそ、ブロック委員主催のオンライン学習会ならではです。

参加者に感想や、質問、お悩みお聞きしました。(Q……参加者の感想や質問・お悩み/A……講師の鈴木さんより回答)

Q、骨折し手術をして足にボルトが入っています。入院の時のリハビリでやった内容と同じようがポーズがあったので続けてやっていきたいです。
A、細胞は日々死ぬまで入れ替わっていて、骨は3年くらいで新しい骨に入れ替わる。今この時も古い骨を壊すことが身体の中で起こっているので、食事、睡眠、適度な運動を心がけて健康寿命を伸ばしてほしい。

Q、身体が硬くて前屈がきつかったけれども少しずつ身体を動かすことを生活に取り入れたいと思いました。
A、身体が硬いと怪我をしやすいので良くないが、逆に言えば無理をしないので怪我が少ない良さがある。身体が硬いというのは、関節の動く範囲が狭いということなので、前屈がつらかったということは腰や股関節の動きが悪いので血行やリンパの流れが悪くなることがある。今日が一番硬い日だと思って関節を動かしてあげるという意識で身体を動かしていくといい。

Q、ヨガは呼吸方法や姿勢、いろんなことが気になってしまい集中できない。呼吸か姿勢か何を一番に持って行った方がいいのか教えてほしい。
A、正直にいうと……全部です。ただ、できていないことを深掘りしないこと。ヨガで一番に大事にしてほしいことは、自分が安定していることと快適であることです。

そして……ここから「やる気が出る方法って知ってますか?」と鈴木さんがお話してくださいました。まずは取り掛かる、やってみること。だそうです。脳科学のマウス実験で脳の松果体に働きかけるとやる気が出るという結果が出ている。自分を信じていないのは案外自分なので、自分と約束をして1日1個から約束の内容を始めていくのがおすすめです。

北西ブロック委員会では今後も楽しい企画を開催していきます。ご興味ありましたら、まずは申し込みしてみてください!!

2022年8月 5日 (金)

平和のメッセージ展示 コープひたちなか店〜北西ブロック委員会

8月は平和月間です! 平和について考える時間を少しでも作っていただけたらと思い、コープひたちなか店入口に、平和のメッセージを展示しました。

平和のメッセージは、今年度おうちdeほぺたんひろばに登録していただいた組合員の皆さまよりアンケートにて、平和についてのメッセージを記入していただいたものです。

Nwb220805_01

・世界中のすべての人が安心して穏やかに暮らせる世の中になってくれる事を願います。
・戦争の記憶を風化させず、今平和に過ごせている幸せを忘れずにいたいです。子どもたちにも伝えていきたいです。
・子どもたちがのびのびと笑って過ごせる平和な世界が末長く続きますように……。
・遠い異国の地で戦争が起き、尊い命が奪われている現実にやりきれない思いです。早い収束を望み、人々に安らかな日常が来ることを願います。
・近年悲しいニュースが続いています。人間の寿命、特に健康寿命は短いです。大切な命が武器や暴力で脅かされることがないよう、世界中の人々で手を取り合って生きていけたら素晴らしいと思います。
など、たくさんのメッセージをいただきました。ありがとうございました。

また、いばらきコープでは、日本生活協同組合連合会が主催している「ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ」の被爆体験の継承や核兵器のない世界を求める思いを共有する場として、毎年8月に広島と長崎で開催しているライブ配信をホームページより案内しています。

※ピースアクションとは……
戦争・被爆体験の継承や、世界のさまざまな戦争や紛争、基地問題、憲法など、多角的なテーマで平和を考える取り組みです。戦跡や記念館・資料館、美術館など、地元にある戦争に関する施設や遺構を見学し、身近なところから戦争の実相を考える活動を行っています。
平和について一緒に考える時間を共有できたらと思います。ご興味ある方は、下記のサイトにてご視聴ください。(※当日参加できなかった方は、後ほど見逃し配信があります。)
https://peace.jccu.coop/2022hiroshimanagasaki?mv

また、いばらきコープで組合員活動をしていますブロック委員も視聴し、ブログに感想を掲載しています。お時間がありましたら、コメント欄を見ていただいたり、皆さまの感想もコメント欄にご記入いただけたらと思います!

○ピースアクションinヒロシマを視聴の方は下記のサイトよりご覧ください。
http://ibarakicoop.cocolog-nifty.com/blog2/2022/07/post-863892.html

○ピースアクションinナガサキを視聴の方は下記のサイトよりご覧ください。
http://ibarakicoop.cocolog-nifty.com/blog2/2022/07/post-00f125.html

日本は唯一の被爆国です。過去の出来事を風化させず、未来の子どもたちがいつまでも平和に暮らせるよう、伝えていけたらと思っています。世界中の人々が笑顔で暮らせる世の中を願い、一緒に平和について考えましょう!

2022年7月29日 (金)

ブロック活動テーマ「つながリンク♬」のキャラが決定しました!〜北西ブロック委員会

ブロックニュース5月号と店舗にて、活動テーマ「つながリンク♪」のキャラクター募集を行い、7名の方に応募いただきました! たくさんのご応募ありがとうございました。

その中から選ばれたのは、ニックネーム 「ちーずけーき」さんが応募してくれた「つながりんごちゃん」です♪

Nwb220729_01

北西ブロックエリアである大子町の名産品の1つりんごを モチーフに、6つの市町のそれぞれの花を使ってくれた所が工夫されていて、ブロック委員もとても感動しました。 そして何より「真っ赤なりんごと黄色いほっぺ」が、目立って可愛い♪ さらに、ブロック委員が「つながりんごちゃん」のぬいぐるみを作りました!!

Nwb220729_02

とっても可愛く作ってくれて嬉しいりん♪

今年度は、この「つながりんごちゃん」をいろいろな場所に連れていって、北西ブロックの活動を一緒に頑張っていきたいと 思っています。「つながりんごちゃん」をどうぞよろしくお願いします。 可愛がってください〜(^o^)

2022年7月26日 (火)

もうすっかり、「べんりで酢」の虜です!(株)トキワのオンライン学習会を開催しました♪~北西ブロック委員会

2022年6月9日木曜日、株式会社トキワの「べんりで酢」の学習会を、各自宅Zoomにてオンラインで開催しました。
「総代優先企画」として募集したこの企画。総代さんにもたくさんご参加いただいて、「参加者16名」のにぎやかで楽しい学習会になりました。
本来、(株)トキワの学習会は「実際に集まった人達で調理をしながら、交流する学習会」のスタイルだったそうですが、なにせこのご時世……「調理の映像をライブ中継」とのスタイルに変えて、実施しました。トキワさんにとっても初めての「オンライン調理」での学習会だったそうですが、講師の西村さんの説明と、実際に調理をしてくれた橋本さんのコンビは息もピッタリで、とても分かりやすく映像の見せ方にも工夫をしながら、トキワの商品を使って簡単レシピを3品披露してくれました。

✦ レンジでチンするエビのチリソース
✦ 揚げない酢豚
✦ 簡単、油淋鶏のタレ

Nwb220726_01

Nwb220726_02

Nwb220726_03

「イケメン営業マンに、ベテラン主婦達がレクチャーを受ける……」なんとも不思議な感じになりましたが、とても楽しくて有意義な時間が過ごせました。
特に「エビチリ」は、材料を混ぜてレンジでチンするだけで出来上がるとの事。私も正直半信半疑でしたが、実際に作ってみてビックリ!! 海老がプリップリで美味しいんですよ(^o^) とても簡単なので、レシピをご紹介しますね。

Nwb220726_04

材料を混ぜて、チンしただけとはとても思えない出来栄えですよ♪ 皆さんもぜひ、お試しあれ!

さて、株式会社トキワのご案内をしましょう。(株)トキワは、兵庫県の日本海側に位置し、調味料を中心とした創業109年の老舗の各種食品製造会社です。
企業理念は……
✦地元の食材を生かした商品
✦もっと食を楽しく・おいしく
✦健康と安心安全を考えたモノづくり……をモットーに
コープでは「ぐるめぐり」のカタログで取り扱っています。
その中でも今回のオンライン学習会で取り上げた「べんりで酢」。特徴は、(こだわりの原材料と配合で実現した)「まろやかな酸味・深い味わい」のちょっぴり甘めの調味酢です。

今回のオンライン学習会に参加された皆さんの感想……
・スタッフの方々が入室時にフォローしてくれて助かった。
・お酢のお料理を身近に感じ、毎日食卓に取り入れたくなりました。
・学習会がとても充実していて、今夜の夕食作りは楽しかったです♪
・調理のライブが良かった。
・実演があり、おいしさの秘密も分かり、これから夏バテ予防に利用したいです。
「とても良かった」のご回答を100%でいただいて、企画担当した私達も嬉しさ100%の大成功のオンライン学習会になりました。

Nwb220726_05

Nwb220726_06

トキワのホームページには、この他にもレシピがたくさん載っています。「トキワのキッチン」で、検索してみてください。この夏の暑さを「お酢の力」でぜひ乗り切っていきましょう♪

2022年7月22日 (金)

コープひたちなか店18周年アニバーサリーイベント開催報告~北西ブロック委員会

2022年5月22日(日)は、18周年を迎えたコープひたちなか店のアニバーサリーイベントにたくさんの方々にお越しいただきました♪

北西ブロック委員会では、SDGsの目標をもとに、コープが取り組んでいる商品を探してもらう「co・op/SDGsビンゴゲームにチャレンジしよう!」を開催し、46名の方に参加していただきました。そして、30名の方にSDGsに取り組んでいるコープ商品を贈りました。また、たくさんの方にいばらきコープのSDGsの取り組みを知っていただきたく、北西ブロックでSDGsの取り組みをまとめた「コープのSDGs」小冊子も一緒に送りました。

Nwb220722_01

参加された方から感想などを記入するコメント欄はなかったのですが、
・楽しく学ぶことができる企画をありがとうございます。
・商品のことを知りながら、楽しく学ぶことができました。
・小学3年生で社会科のスーパーマーケットの学習にこんなビンゴゲームを取り入れると楽しいかもしれませんね。
・いつも楽しい企画をありがとうございます。SDGsビンゴ、勉強になったし、楽しめました。
とたくさんの感想を書いていただきました♪ ありがとうございました♡

さらに、ひたちなか店&北西ブロック委員会共催でのポイントキャンペーンには、1175名の方に参加いただきました(^^)♫ 店長と共にブロック委員会で抽選を行い、総額20万ポイントを200名の方に、さらに楽しんでいただけるよう特別賞として、北西ブロック委員会理事賞には理事のおすすめコープのクオリティ商品を5名の方に、ブロック委員賞はブロック委員おすすめの商品を20名の方に贈りました♪

Nwb220722_02

今年もコロナ禍で18周年を盛大に開催することはできませんでしたが、ポイントキャンペーンやSDGsビンゴゲームの開催期間を長くしたことで感染対策もでき、少しでも皆さんに喜んでもらえたら、嬉しいです♪
これからもひたちなか店が地域のみなさんに愛され、頼られる存在になって欲しいと思います。私たちも引き続き、応援していきますq(^^)p

2022年6月29日 (水)

初ハイブリッド型「みんなでおしゃべりしませんか?」開催しました!〜北西ブロック委員会

2022年5月31日(火) 10時〜12時 常陸大宮市文化センターロゼホールにて
参加者:17名(実参加14名 オンライン3名)(組合員9名 ブロック委員6名 理事1名 職員1名)

実参加の方にはオンラインを身近に感じていただき、オンラインの方には安心してお話ができるようにと考え、初ハイブリッド型(実参加+オンライン)での「みんなでおしゃべりしませんか?」を開催しました♪

会場の設置に時間が少しかかり始まりが少し遅くなってしまいましたが、タブレットを設置して皆さんの顔がスクリーンにも写るように工夫してみました。
そして、いざ、スタート!

Nwb220629_01

自己紹介の中では、コープ歴やおすすめ商品、コロナ禍の中でハマったことや地域のおすすめスポットなどをお話していただきました♫ 自己紹介カードには皆さんびっしり書いてきていただき、リラックスしてのおしゃべりができたように感じます(^^)

また、事前にコープ商品「co・op1日分の野菜 コーンチャウダー(レンジ) 190g」と「co・op徳島県産すだち使用さっぱりのり天 24g」を送付していましたので、そちらの感想を1人ずつ話していただきました。

Nwb220629_02

〈コーンチャウダー〉
・味がしっかりしていて、美味しかった。
・レンジで簡単にできるので、助かりました。
・野菜がゴロゴロとたくさん入っていて、198円なら安い。

〈さっぱりのり天〉
・はじめ塩味が濃いのかなと思って食べたところ、塩分ではなく、すだちが爽やかで口に残り、美味しかった。
・さっぱりしていて、のりをついていて、お酒をいただく時に良い!
・少し酸っぱいのとしょっぱいと感じた。

また、「ハピ・デリ!」一式と「らくらくコープデリ」を用意していましたので、その説明やサステナブルマークの説明をさせていただき、皆さん、知らなかったので今後利用していきたい! と感想をいただくことができました。
また質問タイムでは、思い思いのお話をしてくださり、久しぶりに顔合わせての楽しい時間を過ごせました!

11時半になりましたので一度交流会を終了し、プチオンライン体験(Zoom)をする方に残っていただきました。Zoomアプリが入ってない方には、入手方法をブロック委員が1人ずつ担当を持ち、説明させていただきました。
また、入室方法を説明して入室いただき、基本的なzoomの使い方(カメラ・マイクのオン・オフ)や名前の変更、手を挙げるなどの動作確認などを画面の向こう側にいるブロック委員と一緒に確認することもでき、簡単につながって話ができることを知っていただけた機会になったと思います(^^)

参加者の感想では
・「自己紹介カード」により、それぞれのその人の独自の内容になり、楽しめた。
・商品なども新しい発見がありました。
・声をかけていただき、久しぶりに参加させていただき、ありがとうございました。自己紹介でのたくさんの話が聞けて、大変参考になり、良かったです。時間の関係で、Zoomアプリの入れ方が詳しく聞くことができなかったのが残念でした。理解に乏しい私にとって、この時間を長く取っていただければ、ありがたかったです。

今回のプチオンライン体験により、総代優先企画の「トキワ(株)べんりで酢」に参加したい! と2名の方が言ってくださり、次のオンライン学習会につながる1歩を踏み出せたことをとても嬉しく思いました。

また、アンケートでは、コープの宅配をやっていて良かった事を聞いてみました!
・コープじゃなければ手に入らない商品もあり、商品もたくさんあり、カラーなので見るのが楽しみ!
・忙しい時などに買い物に行かなくても食べ物が届くというのは、とても助かります。重い荷物なども運んでいただき、ありがたいです。
・体に良い商品を購入することが出来ることです。
・コロナ禍だからこそ、商品を届けてもらえてありがたいです。昔は配達員さんとお話をよくしていました。
・配達員とのコミュニケーションをとりたい。しかし、いつも忙しそう。バタバタ来てバタバタと帰ってしまう。
など、感謝の言葉やご意見などをたくさんいただきましたので、声を届けたいと思います。

これからも北西ブロックでは、実参加やハイブリッド型の企画を考え、身近にオンラインを体験していただく機会を多く作ることで、誰一人取り残さない活動をしていきたいと思っています♫

2022年6月21日 (火)

コープのうち活「フードパントリー」に参加してみました♪~北西ブロック委員会

「フードパントリー」……皆さん耳にしたことはありますか?「パントリー」とは、中世ヨーロッパの時代、貴族の館や城に「食料品を保管する部屋」があったそうで、フランス語で「paneterie」が語源だそうです。
今回私の参加したフードパントリーは、新型コロナの影響で生活が困窮してしまった子育て世帯の方々を対象に、企業などから提供のあった食品や野菜、米や卵などを無料配布する催しのことです。
今年3月、茨城県内某所にて開催された「フードパントリー」にボランティアとして参加してきました。今回参加したフードパントリーの会場も、たくさんの食品などが並べられ、さながら「保管庫」を思わせました。

Nwb220621_01

Nwb220621_02

食品等の仕分けや来られた方々へのご案内、品物の配布などに、この日参加された方々は……
✦(支援する)会を統括されているご夫婦
✦取りまとめをされている方と息子さん達
✦各方面から集まったボランティアの方々……総勢17名!
会場には無料でコーヒーが飲めるコーナーがあったり、毎日の暮らしの中での困り事などを相談できる場所も設置されていました。
当日は午前9時に集合し、ボランティアも含め参加された方々が配布する品物を整理して並べたり、お知らせしたいことなどのポップを作って張ったり、特に話し合った訳でもないのに皆さんがまとまって精力的に活動されていました。私は初めてのボランティア参加だったので、何をしたら良いのかを皆さんにお聞きしながら、出来ることをさせていただきました。
当日の配布品の中には、食品だけではなく、洗剤や消毒液、生理用品などの生活必需品もあり、ちょっと驚きました。取りまとめをされている方にお話を伺ったところ「できるだけ受け取る方々の要望に応えたい」とおっしゃっていて、SNSなどを使って、対象となる方々との連絡をとりながら、できる限りの支援を心掛けているのだそうです。

Nwb220621_03

Nwb220621_04

Nwb220621_05

SNSでのやり取りとはいえ、簡単でないことは容易に想像ができ、「皆さんの喜ぶ笑顔」のために尽力されているのだと頭の下がる思いがしました。実際にこの日いらしたご家族達にも、たくさんの笑顔があふれていました♪

お話によると、暑い時期の開催時には「ゼリー」の要望があったそうで、「いばらきコープさんからの提供があって助かりました。大人気であっという間に無くなってしまったんですよ」とのことでした(^o^)
ちなみに……今回の会場では、「国産小麦の野菜バー」がいばらきコープから提供されていました。子どもたちに大人気でしたよ♪

Nwb220621_06

いばらきコープからの商品の提供だけでなく、微力ながら私もボランティアとして参加を続けていきたいとお話しました。
近年、何かと取り上げられる機会が増えている「SDGs」。
✦フードバンク
✦フードドライブ
✦フードパントリー
同じような言葉があって、ちょっと分かりづらいですよね? でも、それぞれにはそれぞれの意味があって、それぞれの役割がある言葉だという事を今回あらためて感じ、勉強になる良い体験でした。
「1人1人の力」は小さいものですが、集まればとても「大きな力」となります。こういった「SDGsの活動や参加」にご興味がありましたら、まずは小さなことから始めてみてはどうでしょう?
いばらきコープの4つのお店、コープ水戸店、コープひたちなか店、コープつちうら店、コープうしく店には、フードドライブに貢献できる※「きずなBOX」が設置されています。「何をやったらいいのか分からない」という方は、きずなBOXへの寄付……そこから始めてみませんか?

※きずなBOXとは、未使用食品を必要としている人や施設等に提供するため、誰でも寄付することができる常設型の食品受け取り箱のことです。

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索