06 南部ブロック

2022年9月15日 (木)

コープのうち活「産直豚モモブロックでヘルシー煮豚」〜南部ブロック委員会

Sb220915_01

わが家では、月に1回は必ずと言っていいほど作る料理があります。その名も「簡単ヘルシー煮豚」。コープうしく店に「産直豚モモブロック」が並ぶのを見計っては購入しています。

Sb220915_02

〈用意するもの〉
・紅茶ティーバック1袋
☆漬け汁材料(肉300gに対し)
しょうゆ 80ml
酢 40ml
酒 40ml
みりん 40ml
お好みで生姜やニンニクを加えてもgood

1.豚肉に軽く塩こしょうをしてから、全面に焼き目をつける。
2.鍋に肉が浸る量の水を煮立たせ、紅茶ティーバックを入れ、焼き目のついた肉を投入。弱火で30分程度煮込む。
3.肉を取り出し、煮立たせておいた漬け汁に、1時間から一晩つけて完成!

漬け汁をドレッシング代わりにして、お好みの野菜をたっぷりと添えて召し上がれ♪
モモ肉は硬くなりがちなのですが、ローストビーフのように、薄くスライスすることで、しっとりといただけます。最初に焼き目をつける時に焼きすぎないようにするのもポイント!!
コープの産直豚肉! 安心して子どもに食べさせられるので、愛用しています♪ ぜひ、お試しください(^^)

2022年9月13日 (火)

食欲の秋を楽しもう! ブロック委員おすすめの品をコープうしく店にPOPで掲示しています♪~南部ブロック委員会

まだまだ暑い日が続きますが、少しずつ日も短くなってきて、秋の気配を感じる季節となりました。
南部ブロック委員会では、季節ごとにブロック委員おすすめの商品をコープうしく店に 手書きのPOPで張り出しています。私たちブロック委員がおすすめする商品は自分たちも何度もリピートしているお気に入りの品です。まだ、一度も試したことがない商品などございましたら、この機会にぜひお試しください!
私たちのおすすめの品とともに食欲の秋を楽しみましょう♪ コープうしく店へのご来店お待ちしております!

Sb220913_01

Sb220913_02

2022年9月 5日 (月)

コープのうち活 これからの季節にオススメ♪ コトコト煮込み料理でじっくり、ゆったりしませんか?~南部ブロック委員会

ギラギラと照りつける夏の暑さも和らぎ、陽射しが少し優しく、風も心地よい季節、秋に近づいてきましたね。キッチンに立つのも火を使うのも楽しくなってくるそんな季節には、コトコト煮込み料理なんていかがでしょうか?
CO・OPのデミグラスソースと、わが家は常に常備しているパラパラミンチ。今回は赤い皮のじゃがいも「アンデスレッド」も使い、簡単煮込みハンバーグを作ってみました。

Sb220905_01

ハンバーグのたねは、各家庭の作り方でいいと思います。私は玉ねぎをみじん切りにして、フライパンで炒めて甘味を出し、冷ましてからお肉と合わせ、パン粉、牛乳、卵、塩こしょうを入れ、粘りが出るまで混ぜます。今回は小振りに丸めてみました。
じゃがいもと人参はデミグラスソースに合わせるので、一口大に切ります。「アンデスレッド」は、皮は赤いけど中身は普通のじゃがいも。煮るとホクホクとした食感になるのでオススメです。

Sb220905_02

二つのフライパンを使い分け、一つはハンバーグを焼くためのもの。後でソースを合わせるので、少し大きめの方がいいですね。
もうひとつのフライパンでは、水を500ccとじゃがいも、人参を入れて柔らかくなるまで煮ます。中まで柔らかくなったらケチャップ大さじ2を入れて、デミグラスソースを入れ、コトコト煮てから、塩、こしょうで味を整えます。
ソースが出来上がったら、ハンバーグを焼いたフライパンに移して、さらに弱火でコトコト。

Sb220905_03

デミグラスソースのマイルドな味がハンバーグの肉汁に絡んで、さらに美味しさアップ。ボリュームもあるので子どもたちも大喜び。
日が短くなってきましたので、夕方早めの夕飯作り、キッチンでコトコト♪ じっくりゆったり料理を楽しんでみてはいかがでしょうか~?

2022年8月16日 (火)

夏休み親子企画「食品ロスを科学する」オンライン学習会を開催しました~南部ブロック委員会

2022年8月2日(火) 10時~11時20分 Zoom(各自宅にて)
参加者:12名(組合員7名 子ども3名 ブロック委員2名)

暑さが厳しい日が続き、スーパーマーケットに外出するのもためらわれる今年の夏、少し多めにお買い物をしておこうかしら……なんていう気持ちになりますね。
「あれもこれも、お安くて美味しそうで、ついついカゴいっぱいに買っちゃったわ。なんだかとっても幸せ♪」お買い物って楽しいですよね☆

さて、そのお買い物した食品たちは、全部食べ切れる量でしょうか? ご家庭の人数に合わせたお買い物で、数日のうちに食べきれたら、ちょうどいい量だったということで、合格です!!(*'▽')

今回の「食品ロスを科学する」学習会は、日本ではどれだけの食品が破棄されてしまっているのか、また、それはどこから出ている食品なのかを商品検査センター(https://kensa.coopdeli.coop/)に従事されていた講師の市原るり子さんにわかりやすくお話いただきました。
夏休みに子どもたちと一緒に考えながら学んでいこう! と、わかりそうでちょっとだけ難しいクイズをたくさん挟みながら、解説も交えて楽しく学習しました。

消費期限と賞味期限の違いもあらためて確認し、美味しく安全に食べられる期間についても学びました。期限が切れてもすぐには破棄せず、食品の袋を開けてみて、色や匂いの変化を見て、いつもと大きく変わらない状態だったら早めに食べきりましょうということも教えていただきました。

ブロック委員が挑戦した「べジブロス」を紹介します。
「べジブロス」とは……普段のお料理で捨ててしまう外側の葉や芯などの固い部分を捨てずに鍋で数分煮込むだけの栄養満点のスープです。

Sb220816_01

たまねぎ・人参・キャベツ・ピーマン・しょうが・しいたけ・小松菜・つるむらさき・かぼちゃ・レタス・アスパラ・カブ・大根などの、いつも生ごみになってしまいそうな部分を捨てず、鍋に入れてコトコと数分煮込むだけ。入れる野菜は何でもOK★(ジャガイモは芽の部分は省きましょう)泥などを洗い落し、色の悪い部分や傷んではいないけど今までは捨てていた部分も入れてみましょう!
「野菜クズ」だった部分もよく煮えて、食べられるようになりました! できたスープは癖もなく、ほんのりと野菜の香りがするくらいなので、うどんや味噌汁、ポトフや煮物など、和洋問わずどんなお料理にでも使えます。

《参加者の感想》
……参加してくれた子どもたちもいろいろなことを感じたようです
・破棄される食品は半分近くが「家庭から」と知り、とても驚いた
・食べ物をもっと大切にしないといけない
・給食を残さないで食べようと思った
・食べきれる量か、買うときに考えようと思った
・冷蔵庫の隅で忘れられている食品がないように、冷蔵庫を片付けようと思った
・外側の葉もきちんと検査されて、残留農薬などの心配がないとわかり安心してべジブロスが作れそう

食品ロスは 私たちの日々の工夫でもっともっと減らせます。ついつい買いすぎて食べ物を傷めて悪くしてしまう、ついつい作りすぎて食べ残しを捨ててしまう、冷蔵庫の中でいつの間にか期限が過ぎてしまい、さようなら……そんなことを一つでもなくし、食に対する謙虚な気持ちを持ちながら、みんなで食べ物を大切にしていきましょう。食文化の豊かな国に生きている私たちこそが、まず取り組むべき課題だと思いました。

Sb220816_02

2022年8月11日 (木)

おうちdeほぺたんひろば報告~南部ブロック委員会

連日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? おうちdeほぺたんひろば今年度2回目を実施いたしました。

今回のお試し品は……

☆CO・OPたまごスープ
こちらは、定番商品であり、人気ベスト1ですね~! しかし、皆さんご存知でしたでしょうか? パッケージに二次元コードが記載されていて、そこを読み込むとたまごスープのアレンジレシピが見られるんですよ! 知らなかった~! という方は、ぜひこの商品を手に取り試してみてくださいね。

☆CO・OPほんのり塩味 九州の塩けんぴ
こちらは、芋けんぴにほんのり塩味がアレンジされている商品です。夏の塩分補給に、いかがでしょうか?

Sb220811_01

《感想》
☆たまごスープ
・体調を崩した時にうどんを入れて食べました。
・味も良く具材も存在感アリで、インスタントとは思えないほど。
・フリーズドライの進化を改めて感じました。
・ベーコンを加えて炊飯器で炊き込みチャーハンを作りました。

☆塩けんぴ
・爽やかな塩味で食べたら止まらなくなりました。
・スナック菓子より身体にいい気がして子どもに安心してあげられます。
・他社と比べて噛んだ瞬間に芋のズッシリ感があり良かった。
・バニラアイスと一緒に食べるとさらに美味しかったです。

様々な感想ありがとうございました。
そしてアンケートには、こんな質問も入れさせていただきました。
◎夏バテ予防対策としてお気に入りのCO・OP商品やその調理方法は?
・夏になったら家族みんなで「鹿児島の黒酢ドリンク」を飲む。
・「水出し麦茶スティックパック」で手軽においしく飲んでいます。
・簡単、火を使わずに食べられる「まぐろ丼」シリーズが使い易くてお気に入り。
・疲れて調理が面倒でも、冷凍食品をうまく活用して、しっかり食べるようにしています。
・赤しそジュースを作り飲んでいます。

皆さん、まだまだ暑い日が続いておりますが、体調に気をつけて暑さを吹き飛ばしましょう!
次回は、9月を予定しております。お楽しみに♪

2022年7月18日 (月)

コープのうち活 暑い日のお昼は火を使わずに簡単冷麺♪〜南部ブロック委員会

あまりにも短い梅雨が明けたとたんに連日の猛暑で、はやくも夏バテ……などしていませんか? 暑い日は出来るだけ涼しく快適に、出来れば火を使わずに料理をしたいですよね。そんな想いにピッタリの「流水解凍冷麺」をコープデリのチラシで見つけ、早速作ってみました!

Sb220718_01

作り方は驚くほど簡単で、あらかじめゆでて冷凍してある麺を流水で解凍し、水で希釈した添付のスープを器に入れ、お好みの具材と共に盛り付けるだけです。
今回私がトッピングした具材は、
*co•op中華くらげ
*co•opまろやか甘辛キムチ
*co•op肩ロース煮込み焼き豚
*co•opプリッとむきえび
*きゅうり、大葉、トマト、ゆで卵
など家族が大好きなものをいろいろ盛り付けてみました!

Sb220718_02

好きな具材を切ってのせただけですが、栄養満点で見た目も豪華な冷麺があっという間に完成しました。酸っぱすぎないさっぱりとしたスープとそば粉入りの麺がもちもちで、一度食べたらやみつきになる美味しさ♪ でした。火を使わず時短で出来るこの冷麺は、暑い日に絶対おすすめです。是非ぜひコープデリのチラシをチェックしてみてくださいね。
食欲がわかない時でも美味しく食べて、まだまだ続く暑い夏を元気に乗り切りましょう〜(^^)

2022年7月 7日 (木)

「小川珈琲(株)オンライン学習会」を開催しました ~南部ブロック委員会

2022年6月21日(火) 10時~11時45分 Zoomにて
参加者:19名(組合員17名 ブロック委員2名)

小川珈琲(株)の梅本さまを講師にお迎えし、オンライン学習会を開催しました。皆さまご存知「小川珈琲」のオンライン学習会とあって、満員御礼のご応募をいただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

「おいしいコーヒーの淹れ方教室」ということでしたが、私たちもミニコーヒー博士になれるのではないか!? と思うくらい、コーヒー愛に溢れた丁寧なお話でした。

Sb2207073_01

まずは、「農産物」としてのコーヒー豆のお話。コーヒー豆は、コーヒーとは似ても似つかない「コーヒーチェリー」というさくらんぼのような赤い実の種子だったのです! 詳しい図とともに解説されていたので、なんだか目からウロコでした!
コーヒーベルトと呼ばれる赤道を中心とした国々で生産されるコーヒー豆。生産量1位を誇るのはブラジルなんだそうです。ちなみに、消費量1位の国がノルウェーというのは驚きでした。

赤道から航海してきた生豆を、日本の港に到着した時点で味覚テストを実施。そのテストに合格した豆だけを使用しているのだとか。厳選された豆を、いいとこどりでミックスしたものがブレンドコーヒーになっているのです。小川珈琲のこだわりが伝わってきますね 。

Sb2207073_02

最後にコーヒーの美味しい抽出方法や豆の保存方法についても細かな点まで解説して下さり、文字通りお腹いっぱいの内容となりました。
こだわりの小川珈琲の商品はコープデリや、コープの店舗でも購入できるので、早速購入してみようと思います。ほっと一息コーヒーライフが、さらに楽しみになるオンライン学習会でした。

Sb2207073_03

〈参加者の皆さまの感想(一部抜粋)〉
・美味しい淹れ方だけでなく、コーヒーができるまでを知ることができて面白かったです。
・抽出方法の実演は、オンラインだからこそ手元がよく見えて分かりやすかったです。
・独自の生豆選びや持続可能な開発目標により環境や人を大切にしていることなど小川珈琲というブランディングを感じました。
・とても役に立つ内容で目から鱗でした。これからも、私たちがこの地球環境で素晴らしいコーヒーがいただけることを願って。ありがとうございました。
・コーヒーについて知らないことが沢山で、とても勉強になりました。今後、コーヒーの淹れ方の豆バージョンの説明があるといいなと思いました。

コープのうち活 藤代センター限定♪ みずみずしい! 甘くて美味しい「今朝採りとうもろこし」~南部ブロック委員会

藤代センターで毎年企画されている「今朝採りとうもろこし」が届きました!! 一秒でも早く調理です(*⌒∇⌒*) 色々な調理方法がありますが、私の試した方法をご紹介します。味を後から付ける方法で、素材の水分が抜けにくいというメリットがありますよ♪

Sb2207072_01

《用意するもの》
とうもろこし 2本



《作り方》
1.緑色の皮をはがしていき、2枚程度皮を残したまま、水をかけて濡らします。
2.1のとうもろこしをラップで包みます。レンジに入れて、600wで4分10秒(500wなら5分)温めます。やけどに注意して取り出し、皮をむきます。
3.水200㏄に塩を小さじ1杯の割合で溶かした液に10分程浸けて、味を付けたら出来上がり!

☆2本同時にレンジに入れる時は、時間を2倍にしてくださいね。私は早く食べたかったので、1本ずつ調理しました(笑)

その日に採れたとうもろこしはみずみずしくて、食べると甘味が口の中でプチュッと弾けました! まさに旬の味! 皆様も、春夏秋冬それぞれの季節の味をお楽しみくださいね♪

コープのうち活 簡単!! 夏野菜☆ズッキーニを美味しく食べよう~南部ブロック委員会

毎日暑くて、キッチンでお料理するのも大変ですが、夏バテ予防にしっかり旬のお野菜を体に取り入れて元気に過ごしたいですよね~。
夏野菜は色々ありますが、最近はまっているのが、ズッキーニ。グリーンBOXでも先日入ってきました~! 美味しそうだなぁ! どうやって食べようかなぁ? と知人に食べ方を聞いたところ……、糠漬けが美味しいよ! と言われてさっそく「CO・OPの熟成糠床パック」を購入。
さっと水洗いして、ヘタを切り落とし、縦半分に切ってから糠床に埋めて約1日半。程よく浸かったズッキーニの糠漬けが出来上がりました。キュウリよりもしっかりした歯ごたえ、新しい発見! でした。

Sb220707_01

さてさて、ズッキーニでもう一品。油と相性がいいので、天ぷらにしてみました。
5ミリくらいの厚さで斜め切り、天ぷら衣を付けて、熱した油に投入! そのままでも食べられる食材なので、あっという間に揚がり、調理は短時間で済みました。ついでに、冷凍オクラも衣を付けて天ぷらに。

Sb220707_02

ズッキーニは、見た目ナスの天ぷらのように見えますが、油を吸収しないのでサクッサクッとした仕上がりと食感。オクラは、食べると粘りがあり、体に良さそう!
夏の暑さで、食欲が落ちてしまいがちですが、ちょっとした工夫で食感を楽しみ、しっかり食べて夏バテにならない体を作りましょう!

2022年6月14日 (火)

コープのうち活 手作りジャムでゴロゴロ果肉たっぷりの「いちごミルク」♪〜南部ブロック委員会

甘酸っぱい味わいで大好きないちご。不揃いのものやジャム用のものなど、いちごがたくさん手に入った時には手作りのいちごジャムを作ってみませんか? そしてその手作りのジャムで作る「いちごミルク」が最高に美味しいのです(^^)

Sb220614_01

〜材料〜
*いちご……お好きなだけ(今回は800g使用)
*砂糖……いちごの重さの30%(甘さ控えめで今回は220gで作りました)
*レモン汁……大3

〜作り方〜
1.いちごはサッと水洗いしてヘタを取り水気をふき取ります。
2.鍋に1、砂糖、レモン汁を入れ2〜3時間置いておきます。
3.中火にかけ沸騰したら弱火にし、灰汁を取りながら時々混ぜ30〜40分程煮詰めたら完成です。
*冷めるとトロミが強くなるのでゆるいかな、ぐらいで大丈夫です。お好みで調整してください。

部屋中があま〜い香りに包まれてとっても幸せな気分になります♪

Sb220614_02

手作りのいちごジャムで是非作っていただきたいのが「いちごミルク」です。
作り方はいたって簡単です。
いちごジャム……大2(お好みの量)
プレーンヨーグルト……大2(お好みの量)
牛乳……適量
をコップに入れてよく混ぜるだけです。
ゴロゴロの果肉をスプーンですくって食べながら飲んでください。いちごの果肉感たっぷりの「いちごミルク」はと〜っても美味しいです♪ よかったら試してみてくださいね。

Sb220614_03

コープの牛乳を選んで飲む事で、アフリカの子どもたちを応援出来る「ハッピーミルクプロジェクト」をご存知ですか? 是非ぜひこちらもご覧になってみてくださいね。
https://sustainability.coopdeli.coop/four-project-milk.html

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索