15 産地・工場見学

2022年8月23日 (火)

「夏休み親子企画 カルビー清原工場オンライン見学」開催しました♫~北部・北西ブロック委員会共催

2022年8月8日(火) オンライン(Zoom)にて
参加者:20家族48名(理事2名 ブロック委員2名 組合員19名 子ども24名 職員1名)

北部・北西ブロック委員会共催〜夏休み親子企画〜「カルビー清原工場オンライン見学」を開催しました。
栃木県宇都宮市にあるカルビー清原工場から、進行担当の阿久津さん、中継担当の関口さん、上野さん、早川さん、田中さんに参加いただきました。

カルビー清原工場は、シリアルの「フルグラ」と「かっぱえびせん」を製造していて、国内最大のシリアル製造拠点との事です。そして、フルグラを1日に約190,000袋も全国各地に出荷しているそうです!

工場へ入る際の衛生管理も1.靴の洗浄→2.クリーンローラーで服の埃などをとる→3.手を洗う(映像にて、爪ブラシを使い、20秒間タイマーがあり、しっかり洗っていました!)→4.手の乾燥→5.アルコール消毒→6.エアーシャワー→7.最後にもう一度クリーンローラーをかける! と、かなり徹底していて、6、7の工程は現場での中継で説明していただき、ここまできちんとしているのを見て、とても安心しました。

また、フルグラの工程も最初にスライドショーで説明してくださり、その工程を中継で映していただきました。工場の音も聞こえて、焼き上がったフルグラを画面いっぱいに映していただきました。厚みも2〜3cmぐらいで、温かさもほかほか温かい! との説明で、焼きたてのフルグラを食べたい! と思ってしまうほど、画面に釘付けになりました♪

さらに、夏休み特別企画という事で、参加者全員に「フルグラ50g」の試食品を前もって送っていただいたので、その袋を開けて、フルグラに入っているフルーツを探す体験も行いました♪ りんごとパパイヤは、ヒントで色や形などを教えていただきましたがちょっと難しかったです。親子で一生懸命探してくれていたと思います(^^)

Nbnwb220823_01

Nbnwb220823_02

お子さんがフルグラのフルーツ探してくれています♪

見学が終わった後は、質問タイムです! 最初は手が上がらながったのですが、1人の方が、フルグラのフルーツを探すのがとても楽しかった♪ と感想を言っていただいたので、そこからたくさん手が挙がりました。

Q:フルグラに入っているりんごなどはどのように加工されているのか?
A:海外の加工されたものを使用しています。新鮮なうちにとれたフルーツは水分も抜いて、すぐにフリーズドライして、工場に送られてきます。甘いものと酸っぱいものをバランス良く入れています。

Q:フルグラの美味しい食べ方を教えてください。
A:牛乳、ヨーグルトにかけるのが主流ですが、夏場は、ヨーグルトを凍らせて、フローズンヨーグルトと一緒に食べたり、アイスと一緒に食べるのもおすすめです。皮付きりんごをすりおろして、フルグラにかけて食べるもの美味しいですし、カレーにかけて食べるのも美味しいですよ。

Q:カルビーの名前の由来を教えてください。
A:戦後間もない時に創立者松尾孝社長が栄養学士から2つの栄養素が足りない! それは、カルシウムとビタミンB1と聞き、それを補えるお菓子作りを始めたとの事です。そして、その頭の文字をとって、カルビーと名づけました。

今まで知らなかった事や美味しい食べ方なども分かりました!

最後に、全員で写真を撮り、工場見学終了です。皆さま、とても良い笑顔で、親子で楽しまれた様子が分かります(^^)

Nbnwb220823_03

〈感想〉
・夏休みにコロナの感染が拡大して帰省も諦め、お出かけもほとんど出来ないので、子どもたちに楽しい経験をさせてあげられて良かったです。子どもたちは試食でフルグラにはまって、買ってきてと言われて早速買ってきました。工事見学で実際に行っても、上からガラス越しにとかが多いので近くで見れるのはオンラインならではで良かったと思いました。
・自宅で気軽に貴重な体験ができて、素敵な夏休みの思い出になりました。リアルタイムで工場内を見学できる機会がなかったので、子どもたちも興味津々で見学していました。製造ができるまでの工程や発送する過程を見て、自分達の手に製品が届くまでどれだけの人の手や機会が関わっているのか理解できたと思います。途中でクイズもあり子どもたちを飽きさせない工夫もされていて、子どもたちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。フルグラの中身をまじまじと見る機会がなかったので、大人も楽しめました。
・次回は直接工場に行き見学してみたいです。そして作りたてのフルグラを試食してみたいです。
など、たくさんの感想をいただきました。