19 グリーンBOX

2021年8月 4日 (水)

グリーンBOXの産地の「大地のめぐみ」をオンラインでつないで、「圃場確認」を実施しました!

Gb210804_01

20201年7月21日(水) 10時~11時30分、大地のめぐみの産地をオンラインでつないで「圃場確認」を実施しました。
「圃場確認」は、 組合員の代表が産地の畑に行き、生産者から農薬の使用実態や土壌改良資材・化学肥料の有無や実態、病害虫の発生状況や発育状況などを聞いて確認する大切な取り組みです。今回はコロナ禍の中での開催で、ブロック委員といばらきコープの本部、「枝豆」の圃場をオンラインでつないで行いました。
参加者は、地域理事・ブロック委員16名で、運営は全域理事2名、本部職員2名、大地のめぐみの事務局3名と生産者1名、 茨城ふるさと産直センター2名でした。

Gb210804_02

◆内容は
1.グリーンBOXと圃場確認について説明(茨城ふるさと産直ネットワークより)
2.生産者の紹介と栽培履歴書の説明(大地のめぐみ事務局より)
3.圃場確認(八百川理事のリポート)
4.質疑応答、交流

◆今回は、枝豆を栽培している長嶋さんの圃場にお邪魔しました。現地では、八百川理事のリポートで、枝豆栽培の様子を伝えていただきました。
広々とした畑には、枝豆が2本ずつ植えてありました。枝豆はふっくらと育っていて、あと4日くらいで出荷されるとのことでした。カメムシにやられてしまった枝豆も見せていただき、害虫対策も大変なことがわかりました。また、種子は虫に食べられないように薬剤をコーティング(チウラム処理)され、青い色をしていました。

◆日陰のテントに戻った八百川理事は、長嶋さんの奥様に茹でていただいた枝豆を食べました。甘くて、美味しかったそうです。枝豆はグリーンBOXに入れるタイミングが難しいといった、事務局側の悩みも聞くことができました。

Gb210804_03

Gb210804_04

◆ブロック委員との質疑応答(一部)
・種を2つずつ播いて、2本ずつ育てるのはなぜですか?
→茎がありすぎると土の養分が茎の方に取られてしまうので、最初は2粒ずつ播いています。これからの時期は実が育たないので、1粒ずつ播くようにします。
・収穫できるまで、どのくらいかかりますか?
→90日ほどで収穫できます。暑くなってくると、少し短くなります。
・肥料の窒素、リン酸、カリウムは作物にどのように作用しますか?
→窒素は葉とか枝などの体を作り、リン酸は根の成長、カリウムは実をつけるのに影響を及ぼします。
・「湯あがり娘」という品種の特徴は?
→茶豆に近い品種で、作りやすいので栽培しています。また、暑い時期に強いという特徴があります。
・枝豆は1粒や2粒、3~4粒などありますが、粒が多い方が品質的に良いのですか?
→商品価値という点で、1粒は見栄えが悪いのではじくようにしています。味は特に変わりません。
・(参加者に)量が変わらないなら一粒の物が入っていても 気になりませんか?
→16人中9人が、気にならないと回答。
・(参加者に)さやのものと枝ごとのものが売っていたら、どちらを買いますか?
→半数の方が枝ごとのものを買うと回答。枝ごとの方が美味しいので、あったら是非買ってみてくださいという意見もありました。
・枝豆の食べ方についての交流
→「白だしに浸ける(さやをむいてもいいし、さやごとでもOK)」「さやごと使ってオリーブオイルとニンニクでペペロンチーノ」「フライパンに少し水を入れて、焦げるくらいに蒸し焼きにする」どれも、ビールに合いそうです(*^^*)

Gb210804_05

◆参加者の感想(一部)
・暑い中での圃場確認、私たちはオンラインでの参加でありがたいです。分かりやすい説明、農家の方から直接お話が聞ける機会をいただき楽しかったです。
・時間や天候、農薬散布など、生産者が工夫していることがわかり、改めて生協の野菜は安心して食べることができると思いました。
・枝豆好きの娘に、画面を通して枝豆畑の様子を見せられてとても嬉しかったです。
・農薬使用アドバイザーの方が管理し、圃場確認にも監査の役割があり、安心安全を守っているんだと理解できました。
・現場の方は、暑い中ありがとうございました。臨場感もあり、とても良かったです。
・枝がついた枝豆の方が美味しそうなので、食べ比べてみたいと思いました。
・圃場確認をして組合員目線で安心安全が確認できたことを、ニュースやブログなどで伝えていきたいと思いました。

◆当日は晴天の暑い日だったので、人や機材に暑さ対策をしながら行いました。生産者のお話をうかがうと、病気や害虫対策しながら商品を作るのは大変なことだと思いました。6月22日に「お試し圃場確認」を行い、今回は参加者を倍に増やしてできました。今年度の、今後の圃場確認もオンラインで行う予定です。産地の生産者の声を多くの方に聞いて欲しいと思っています。

2021年7月19日 (月)

グリーンBOXミーティング「お試し圃場確認」を開催しました!

Gb210719_01

2021年6月22日(火) 10時~11時30分
いばらきコープ本部とJAやさとの産地をオンラインでつないで「グリーンBOXミーティング」を開催しました。
「グリーンBOXミーティング」は、グリーンBOXの普及を目的とした取り組みについて協議するため定期的に開催しています。

昨年はコロナウイルス感染拡大の影響を受け圃場確認ができなかったため、「グリーンBOXミーティング」の中で産地の様子を映像などを使って説明していただきました。今年もコロナ禍の中での開催で、ブロック委員と本部と産地のJAやさとの「おかわかめ」の圃場をオンラインでつないで、「お試し圃場確認」を行いました。
参加者は、ブロック委員8名、組合員理事2名、本部職員2名、JA やさとの 事務局と生産者各1名、 ふるさと産直センター2名、他の産地の事務局3名が見学で参加しました。

Gb210719_02

◆内容は
1.グリーンBOXと圃場確認について説明(ふるさと産直センターより)
2.生産者の紹介と栽培管理記録の説明(JAやさと事務局より)
3.圃場確認(八百川理事のリポート)
4.質疑応答、交流

◆八百川理事の現地リポートでは、おかわかめのハウス栽培の様子を伝えていただきました。上だけビニールで覆われた風通しのよいハウスでしたが、暑い日の作業は大変だと感じました。おかわかめはどんどん上に伸びていきますが、収穫しやすいように180cmくらいまでで止めるようにするそうです。虫がつかないので、無農薬で栽培されます。

◆おかわかめはミネラルやビタミンAなどが豊富で、BOXの中でも人気のある夏野菜です。6月21日の週から登場していて、9月末まで出荷される予定です。収穫までもう少しといった小さめのおかわかめでしたが、これから育つのが楽しみです。グリーンBOXには、70g(7枚以上)入るそうです。

◆ブロック委員との質疑応答(一部)
・ 除草剤は使用していないということですが、大変ではないですか?
→ 畑の土しか見えないのはバランスが良くないと考えていて、草が敷き藁のような役割になります。頑張ってやっています。
・おかわかめが美味しい時期は、いつですか?
→夏に元気な野菜なので、夏が一番美味しいと思います。
・海苔巻きのようにしたいので、できれば大きいサイズのものが欲しいです。
→大きい葉ができるのは初期の頃だけで、その後は小さくなっていきます。
・どんな食べ方がありますか?
→さっと湯がきます。卵とじ、豆腐と一緒にサラダ、わかめと一緒に酢の物、パスタにトッピング、寒天寄せ、パンやうどんに練り込む、わかめに似ているのでと同じように使う……
・(参加者に)大小サイズ込みでも気にならなりませんか?
→量が同じなら、気になりません。(全員)

◆参加者の感想
・おかわかめそのものや調理法など、もっと身近な野菜になって欲しいので広めていきたいです。
・生産者の顔が見られると消費者は安心できますし、食べる時の楽しみが違うと思います。
・レシピをたくさん知ることができたので、実際に作って広められたらと思いました。
・大事に育てられていることがよくわかりました。暑い中、どうぞ体調に気をつけてお仕事をなさってください。
・オンラインで初めて圃場確認に参加でき、とても貴重な経験ができました。

◆途中、機材のトラブルがありましたが、無事にオンラインでの圃場確認ができて安心しました。
生産者の福田さんが、栽培から出荷までこだわりを持って作られていることがよく伝わりました。 今年度の圃場確認は、オンラインを予定しています。しっかり確認するとともに、今後も産地とのつなが
りを作っていけたらと思います。

Gb210719_03

コープのうち活 グリーンBOXのしいたけ活用法!! わが家での好評レシピ♪~南部ブロック委員会

毎週注文しているグリーンBOXミニ。農家さんが端正込めて作った旬の野菜が毎回5種類、わが家に届きます! その中で、しいたけの大袋が届く時に必ず作る「肉詰めしいたけフライ」。我が家では、大人気メニューなんです。お肉と合わせてフライにすることで、ボリュームアップ、メインのおかずとして食卓に登場~! しいたけのぷりっとした食感とお肉と合わせたしいたけの旨味が絶妙! 時期によっては、肉厚のしいたけが入っていることもあり、さらに食べ応えがあります。
では、作り方をご紹介しまーす。

《材料》
しいたけ
CO・OPパラパラミンチ(解凍する)
塩コショウ
小麦粉・卵・パン粉
揚げ油

Sb210719_01

《作り方》
1.しいたけをサッと水洗いして、石づきを切ります。
2.パラパラミンチに塩コショウを適量入れて、よく練ります。
3.しいたけに2を乗せて、小麦粉・溶き卵・パン粉の順番につけたら、油で揚げて完成。

Sb210719_02

お肉には、塩コショウで味付けしてあるので、しいたけの旨味とお肉の味で充分美味しく、そのまま味わえる一品です。お弁当のおかずとして、冷めても美味しいです。ぜひ、お試しください!!

2021年6月 7日 (月)

グリーンBOXの春野菜を食べました!

コープデリ宅配で扱っている野菜の詰め合わせ「グリーンBOX」は、全国有数の農産県の茨城の旬の野菜が週に1度、産地からおたよりと共に届く商品です。
今回は、6月1回の野菜を使って調理しました。もちろんBOXに入っていた「おたより」の中のレシピを、参考にしました。

今回の箱の中には、そら豆、新じゃがいも(とうや)、春ミニ白菜などが入っていました。まさに、今が旬! シンプルに、素材の味を味わいたいと思います。

Gb210607_01

「焼きそら豆」
そら豆は昨年知った食べ方で、グリルでまるごと焦げ目が付くまで焼きました。焦げ目が付くまで焼くと、そら豆はさやのなかでふっくら柔らかくなります。さやをむいて中の豆を取り出します。食べるのはもちろん皮が付いたままで、塩を軽くかけます。そら豆が嫌いだったはずの主人が晩酌しながら食べてて、びっくりです。

Gb210607_02

「新じゃがいもの素揚げ」
じゃがいもも、皮付きのまま油で素揚げしました。早く揚がるように8等分にし、軽くきつね色になったら油から取り出して、塩コショウしました。こちらも、パクパク何個もいけます。

Gb210607_03

「白菜サラダ」(おたよりのレシピ)
白菜を縦半分に切り、幅1cmにカット、ニンジンは千切りにする、ボウルに白菜とニンジンを入れ、塩をふりかけて手で軽くもむ。そのまま10分くらいおき、水気を切る。ツナ缶はオイルごと、のりは手でちぎって加える。全体的にまんべんなく混ぜ、醤油をちょっと加える。

Gb210607_04

手抜きをしているようですが、野菜の素材の味がしっかり味わえました。「おたより」によると、入っていた春白菜は栽培が難しく、しばらく作る人がいなかったそうです。 寒い時期に定植をし、成長する段階でだんだん暖かくなるため葉が柔らかくみずみずしいので、サラダにぴったりでした。「おたより」に感謝です。

これからも「グリーンBOX」の旬の野菜を食べて、元気でいたいと思います。

2021年2月19日 (金)

「グリーンBOX」とコープ商品で「かきとほうれん草のソテー」を作りました♫

コープデリ宅配で扱っている野菜の詰め合わせ「グリーンBOX」は、全国有数の農産県の茨城の旬の野菜が週に1度、産地からおたよりと共に届く商品です。

Gb210219_01

今回は、グリーンBOXに入っていた「ほうれん草」と、冷凍庫に入っていた「co-opフライパンで!! かきソテー」を使って調理しました。

Gb210219_02

これは、商品の裏に書いてあるレシピですが、かきソテー、茹でたほうれん草、ベーコンを炒めて塩、こしょう、しょうゆで味付けしたシンプルなものです。かきには打ち粉がまぶしてあるので、凍ったまま調理できます。ほうれん草を加えると、栄養のバランスもよくなりますね。

Gb210219_03

コープ商品に、ぜひグリーンBOXの野菜を組み合わせて利用していただきたいと思います(*^^*)

2021年2月 8日 (月)

コープのうち活 グリーンBOXのお野菜使って鍋しゃぶ~南央ブロック委員会

暦の上では立春……でも毎日寒い日が続きますね~。そして茨城県は今月いっぱい自粛延長となりました……

そんな日は家族揃っておうちごはん、鍋しゃぶはいかがでしょうか!
私の地域の今週の宅配グリーンBOXには、ターサイ、にんじん、葉にんにく……しゃぶしゃぶ具材揃ってる~♪
先週届いたキャベツもまだ冷蔵庫に……

Scb210208_01

そして鍋のメインは! お米育ち豚ロース肉ヾ(o´∀`o)ノ お米育ち豚の脂はとっても上品だから、しみ出た脂がお野菜をより美味しくしてくれます!

Scb210208_02

そして、今回のお野菜の中で私がおすすめするのは、JAやさとさんの葉にんにく! 数年前にグリーンBOXで出会い、大好きなお気に入りお野菜になりました! 見た目は長ネギ? にら? 食べるとにんにく! 歯ごたえ抜群でお鍋に入れても存在感バッチリです! にんにく好きにはたまらないお野菜ですよ! ぜひグリーンBOXに入っているJAやさとさんの葉にんにくを召し上がってみてください!

Scb210208_03

しゃぶしゃぶだとたくさんのお野菜をいただけるから、栄養補給も出来て体もポカポカ! 自然のめぐみ、愛情たっぷりで育ったグリーンBOXの野菜を食べて元気にこの冬を乗り切りましょう!

2021年2月 5日 (金)

グリーンBOXの産地:霞ヶ浦有機センターの生産者「小松崎さん」にZOOMでインタビューしました♪〜南部ブロック委員会

真心込めた露地栽培に奮闘中の小松崎さん。1時間以上にわたり南部ブロック委員全員で、思い思いに質問をさせていただきました。
※露地栽培とは、ハウスなどの施設を使わず、屋外の畑で栽培する方法です。

Sb210205_01

Sb210205_02

Q:元生協職員だと伺いましたが、農業を始められたきっかけは何ですか?
元々、両親が切花の農家でした。両親の勧めもあって、一度社会に出て勉強してみたいと思い生協職員をしていました。広く社会経験を積む中で農業の大切さに改めて気づき、友人と一緒に就農しました。

Q:人参、大根、里芋以外に作っているものはありますか?
ほうれん草や長ネギなど、季節によって多品目の野菜を栽培しています。また切花も生産しています。

Q:野菜作りで大変なことは何ですか?
露地栽培なので、天候の影響を直接受けてしまうところです。そのため、多品目の野菜を生産しています。機械を使えば効率は上がりますが、コストがかかってしまうため、なるべく手間をかけて生産しています。根菜は、根が曲がってしまうと商品にならないので土づくりに気を使っています。

Q:一度に何本くらいを目安に収穫しますか?また掘り起こしてからどのように泥を落として出荷していますか?
人参だと、できる時は1日2トンくらい収穫します。トラクターで鋤(すき)を入れて手掘りで掘っていきます。泥を落としてから洗浄機に入れて洗い、包装しています。

Q:茨城県以外に卸している県はありますか?
レンコンは近畿地方や北海道にも出荷していますよ。

Q:柔らかくて美味しい大根の見分け方を教えてください。
根っこの生えているくぼんだ部分が、縦に均一に生えているものがストレスなく育っているので甘くて美味しいです。あとは、葉が多く生えているものですね。

Q:一番美味しいと思う野菜の食べ方を教えてください。
人参の葉のかき揚げが美味しいですよ。レンコンも天ぷらが美味しいと思います。

Q:大根、人参、里芋それぞれの適した保存の方法、期間を教えてください。
手間でも新聞紙で包んで野菜室に入れておくと、けっこう長持ちしますよ。泥つきの長ネギは、そのまま庭に植えてもらえれば生きたまま保存できるんですよ!
出荷する野菜は、ポリ袋ではなく、「鮮度保持袋」に入れて出荷します。この袋は酸素を通してくれるので、野菜が呼吸できて袋が結露しないんです。袋にも注目してみてください。

これには一同も知りませんでした! 野菜の袋は、保存用にも使えそうですね!!

Q:庭の畑で大根を作ってみようと思いますが、初心者でも失敗しないアドバイスをお願いします。
まず、春夏にまく種と、秋冬にまく種を間違えないこと。あとは、日当たりを良くすることと、土作りが大切です。

Q:コロナの影響で外食産業などのお店が営業自粛になっていますが、例年と違いはありましたか?
業務用に出荷している農家さんは大変な影響を受けていると聞きました。それぞれの農家が安定した価格で供給できる環境作りが必要だと思います。

◎最後に◎
まだまだ日本の自給率は低いので、「日本の食を守る」という意識を忘れずに、安全で美味しい野菜を生産していきたいと思います。失敗を重ねてしまうこともありますが、いろんな経験の中、楽しさが膨らんでいるところです。これからも、こういった情報発信ができる場に積極的に参加していきたいと思います。

〜感想〜
長時間にわたり質問攻めにしてしまいましたが、一つひとつ言葉を選びながら、丁寧にお話してくださいました。そして、終始笑顔で「楽しい」、「感謝しかない」という言葉や表情から、充実した農業生活を送られていることが、ひしひしと伝わってきました。普段は野菜しか見ていませんでしたが、その向こう側にいらっしゃる生産者の方は、情熱溢れる誠実な農家さんでした。
こんなに素敵な小松崎さんの生産する心のこもった美味しい野菜は、グリーンBOXを注文すると食べられます♪ 私たちブロック委員も、もっと食べて応援したいという気持ちになりました。小松崎さん、ありがとうございました! 

2021年2月 2日 (火)

コープのうち活 うれしいおまけ! グリーンBOXミニに「大豆・生」が入っていたよ! お豆活用料理~南部ブロック委員会

グリーンBOXミニを毎回楽しみにしていて、届く度にどんな野菜が入ってくるかなぁ? とワクワクで袋を開けるんです。今回は、節分前の配達回でしたので、「大豆・生」が130gおまけとして入ってきました!
手軽に大豆を戻せる方法がレシピについてきたので、さっそくお試し!

・材料

大豆、水

・作り方
1.鍋にお湯を沸かす。大豆が浸るより多めの量くらい。
2.お湯が沸いたら火を止め、洗った大豆を入れ蓋を閉め40分待つ。
3.40分たったら加熱し沸騰させ、弱火で15分。(硬い時は弱火で追加加熱してください)

柔らかくなった大豆で2品作ってみました。
〈お豆ご飯〉
米……3合
☆大豆……150g
☆ひじきパック……1パック
☆ごぼうパック……1パック
☆酒……大5
☆醤油……大3
☆みりん……大3
☆だしの素……小1
洗ったお米に分量通りの水を入れて、☆マークを入れて軽く混ぜたら炊飯器スタート!

Sb210202_01

〈大豆の煮物〉
大豆……150g
こんぶ……10cm角1枚
醤油……大2
砂糖……大5
こんにゃく……100g
※こんぶとこんにゃくは、1cm角に切る
1.鍋に大豆、こんぶ、こんにゃくを入れて水をひたひたくらいに入れる
2.砂糖を加えて5分煮る
3.醤油を入れて10分煮て火を止める

Sb210202_02

おまけで入っていた乾燥お豆。どうやって活用しようか? 迷っていましたが、レシピのおかげで、初めてでも簡単に作って美味しくいただきました~。

2021年1月11日 (月)

グリーンBOXの産地「常陸野産直センター」若手生産者さんのレンコンを使ったおすすめメニュー~南西ブロック委員会

先日、常陸野産直センターの若手生産者 磯原正樹さんにレンコン生産の難しさ、楽しさなど熱い想いを聞くことができました。

その時のインタビューのブログはこちら
↓↓↓
http://ibarakicoop.cocolog-nifty.com/blog2/2021/01/post-cb7a9f.html
ヘェ〜と思うような内容が盛りだくさんなので、こちらも見てみてね。

そのインタビューの際に「レンコン農家の磯原さんが一番好きなメニューは何ですか?」と質問したところ「レンコンの磯辺揚げ」と即答されました。作っている方がいうのだから間違いない!

ということで、レシピをご紹介します。

Swb210111_01

レンコンの磯辺揚げ

材料
〇レンコン 700g
〇ツナ缶 1缶
〇卵 1個
〇片栗粉 大さじ1~2
〇パセリまたは青海苔 少々
〇塩コショウ 少々
〇海苔

1.レンコンは皮をむいてすりおろす。汁がでるので、軽く絞っておく。
2.レンコンにツナ缶、玉子、片栗粉、パセリ(または青海苔)、塩コショウを混ぜ合わせる。
3.食べやすい大きさに丸め、海苔の上に乗せて160~170℃の油でキツネ色になるまで揚げたら
出来上がり。

こちらの写真は「たまたま昨日も食べたんです。写真あるので見てみますか?」と、送ってもらったものです。
レンコンの天ぷらも美味しいけれど、磯辺揚げも美味しいですよ! そのままでも美味しいですが、お好みでマヨネーズを付けて食べるとさらに美味しいです。
ということでした。

天ぷら、素揚げ、きんぴらぐらいのレパートリーの少ない私にとっては、ありがたいレシピ。だって、レンコン大好物だから。早速作ってみます!
みなさんもぜひ作ってみてください。

2021年1月 8日 (金)

産地を担う若き生産者にインタビュー! 常陸野産直センター「磯原正樹さん(44歳)」~南西ブロック委員会

2021年一発目の若手生産者インタビューはレンコン農家の磯原正樹さんです。土浦市霞ヶ浦湖畔(手野町)でご両親と奥様とレンコンを栽培しています。

Swb210108_02

Swb210108_01

Q:就農までの経緯を教えてください。
「郵便局員として21年間働いていました。レンコン農家を継ぐことは考えてなかったのですが、親が65歳の頃、農家をやめようか、規模を縮小しようかということを聞かされました。自分の周りも脱サラしてレンコン農家を継承する人が増えていたこともあり、自分も決断しました。妻も応援してくれ、現在6年目になります。」

Q:一日の作業のながれはどのような感じですか?
「7~8月の暑い時期は朝4時半に起きて、5時には田んぼにいます。朝、エンジンポンプ(レンコンを水圧で掘る機械)をかけ、そこから4時間くらい収穫します。夏場だと朝5時から10時くらいまで。今の時期だと朝6時から11時頃まで作業します。」

今の時期だと寒い中の作業になりますよね。すごいです。
「寒いです!!」

朝早くに作業しないとダメなのでしょうか? 今の時期、もう少し陽が高くなってからのほうかいいのではないかと思うのですが……。
「そうですね。でも、出荷するまでには洗い作業や箱詰めがあるので、時間がかかります。」
新鮮なものを出荷するとなると、朝早くからの作業になってしまうのですね。

Q:では一年を通してはどのような流れでしょうか?

「3月の中旬から5月にかけて植え付けをします。要は田植えと同じです。収穫は8月上旬から。いわゆる新レンコンです。例えれば生まれたての赤ちゃんですね。」

冬のレンコンとは味は違いますか?
「味に変わりはありませんが、8月の方が柔らかいです。レンコンというと一般的には12月のイメージが強いと思いますが、12月のレンコンは実がしまっていて美味しいです。収穫は8月から翌年の5月まで行っています。」

Q:栽培で難しいところ、一番気を遣われるところは何でしょうか?
「水の管理です。水をはっていないと土が硬くなってしまい、生育が遅れる原因になります。もちろん土壌も堆肥を入れて土を柔らかくしています。」

Q:他の作物は収穫が遅れてしまうと、どんどん成長し、規格外や割れが生じてしまうようですが、レンコンはどうですか?
「9月に生育は終わるので、そこで休眠状態になります。要は冷蔵庫にずっと入っている状態ですね。水を切らしてはいけませんが、長期保存が可能です。」

インタビューを終えて
リモートでインタビューを行いました。(参加者 磯原さん 事業所 理事、ブロック委員 2名、自宅 ブロック委員1名)
こういうツールがあると、お顔を見ながら話せるので、いいですね。みんなちょっと緊張気味(笑)

Swb210108_03

生産者の磯原さんの温かなお人柄のおかげで、和気あいあいとインタビューができました。
磯原さんの周りには、同じような若いレンコン農家の先輩たちがたくさんいて、いいレンコンを作るための努力を惜しまないそうです。
「コロナ禍の影響で注文数が減ったり、相場も落ちているのですが、自分が作ったレンコンを食べて、美味しいと言われたり、リピーターになってくれるのがとても嬉しいです。その期待を裏切らないためにもっと頑張ります!」
と力強く言っていた磯原さん。私達ももっとレンコンを食べて応援したいです!

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ内検索